「アクアジム」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
(関連機体)
 
15行目: 15行目:
 
*主なパイロット:連邦軍一般兵
 
*主なパイロット:連邦軍一般兵
  
地球各地の海洋で猛威を振う[[ジオン軍]]の水陸両用MSに対抗するために作られたMSで、[[ジム]]をベースに開発された。開発期間が短いため、機体としてはそれほど高性能というわけではない。さらに、量産が開始されてまもなく[[一年戦争]]が終結したため少数生産にとどまり、挙げ句ジオン軍から接収された[[ザク・マリンタイプ]]に一線を取って代わられたという、不遇の機体である。しかし、それでもなお一部の機体は配備され続けた。<br/>
+
地球各地の海洋で猛威を振う[[ジオン軍]]の水陸両用MSに対抗するために作られた連邦軍初の水中専用MSで、[[ジム]]をベースに開発された。開発期間が短いため、機体としてはそれほど高性能というわけではない。さらに、量産が開始されてまもなく[[一年戦争]]が終結したため少数生産にとどまり、挙げ句ジオン軍から接収された[[ザク・マリンタイプ]]に一線を取って代わられたという、不遇の機体である。しかし、それでもなお一部の機体は配備され続けた。<br/>
 
一年戦争終結後は、地上圏の地球連邦軍の支配はより確実のものとなり、水中用MSの開発の必要性が薄まったため、20年近くの年月を過ぎても現役で稼働している。
 
一年戦争終結後は、地上圏の地球連邦軍の支配はより確実のものとなり、水中用MSの開発の必要性が薄まったため、20年近くの年月を過ぎても現役で稼働している。
  
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
== 登場作品と操縦者 ==
<!-- :作品名:説明 -->
 
 
;[[機動戦士ガンダムUC]]
 
;[[機動戦士ガンダムUC]]
 
:[[地球連邦軍]]のパイロットが、ジオン残党軍の水陸両用機に一方的にやられるシーンが描かれている。
 
:[[地球連邦軍]]のパイロットが、ジオン残党軍の水陸両用機に一方的にやられるシーンが描かれている。
27行目: 26行目:
  
 
=== 武装・必殺攻撃 ===
 
=== 武装・必殺攻撃 ===
<!-- :武装名:説明 -->
 
 
;マイクロ・ミサイル
 
;マイクロ・ミサイル
 
:両肩部の2箇所ずつ、計4箇所から放たれるミサイル。
 
:両肩部の2箇所ずつ、計4箇所から放たれるミサイル。
37行目: 35行目:
 
:両腕部に1つずつ装備している格闘武装。相手を捕らえる・相手を殴る・潜水艦に取り付くなど、様々な使い道がある。
 
:両腕部に1つずつ装備している格闘武装。相手を捕らえる・相手を殴る・潜水艦に取り付くなど、様々な使い道がある。
 
;ビーム・ピック
 
;ビーム・ピック
:両腰部に2本ずつ、計4本装備している格闘武装。水中でも使えるように、ピック(針)状にビーム刃を形成している。後期型は通常のビーム・サーベルの70%ほどのビーム刃が形成できるように改良された。
+
:両腰部に2本ずつ、計4本装備しているビーム白兵武装。メガ粒子ビームの減衰が著しい水中で用いるので相手の機体に直接接触させて使う為、ピック(針)状にビーム刃を形成している。元々は水中型ガンダム用装備だった後期型は通常のビーム・サーベルの70%ほどのビーム刃が形成できる様に改良された物。
 
;ハープーン・ガン
 
;ハープーン・ガン
 
:銛を発射する水中戦用の武装。トリントン湾岸基地に配備された機体が装備している。
 
:銛を発射する水中戦用の武装。トリントン湾岸基地に配備された機体が装備している。
44行目: 42行目:
  
 
== 関連機体 ==
 
== 関連機体 ==
<!-- :機体名:説明 -->
 
 
;[[水中型ガンダム]]
 
;[[水中型ガンダム]]
 
:エース向けに再設計された機体。
 
:エース向けに再設計された機体。

2019年9月13日 (金) 22:42時点における最新版

RAG-79 アクア・ジム (Aqua GM)[編集]

  • 登場作品:M-MSV機動戦士ガンダムUC
  • デザイナー: 大河原邦男、カトキハジメ (リファイン)
  • 分類:水陸両用量産型モビルスーツ
  • 装甲材質:チタン・セラミック複合材
  • 全高:18.0m
  • 本体重量:49.5t
  • 全備重量:64.3t
  • 主動力:熱核融合炉
  • 出力:1,280kW
  • 推力:89,500kg
  • センサー有効半径:4,300m
  • 開発組織:地球連邦軍
  • 所属:地球連邦軍
  • 主なパイロット:連邦軍一般兵

地球各地の海洋で猛威を振うジオン軍の水陸両用MSに対抗するために作られた連邦軍初の水中専用MSで、ジムをベースに開発された。開発期間が短いため、機体としてはそれほど高性能というわけではない。さらに、量産が開始されてまもなく一年戦争が終結したため少数生産にとどまり、挙げ句ジオン軍から接収されたザク・マリンタイプに一線を取って代わられたという、不遇の機体である。しかし、それでもなお一部の機体は配備され続けた。
一年戦争終結後は、地上圏の地球連邦軍の支配はより確実のものとなり、水中用MSの開発の必要性が薄まったため、20年近くの年月を過ぎても現役で稼働している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC
地球連邦軍のパイロットが、ジオン残党軍の水陸両用機に一方的にやられるシーンが描かれている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

マイクロ・ミサイル
両肩部の2箇所ずつ、計4箇所から放たれるミサイル。
ミサイル・ランチャー
手持ちで使用する本機の専用装備。
魚雷ポッド
水中用の装備。
ハンド・アンカー
両腕部に1つずつ装備している格闘武装。相手を捕らえる・相手を殴る・潜水艦に取り付くなど、様々な使い道がある。
ビーム・ピック
両腰部に2本ずつ、計4本装備しているビーム白兵武装。メガ粒子ビームの減衰が著しい水中で用いるので相手の機体に直接接触させて使う為、ピック(針)状にビーム刃を形成している。元々は水中型ガンダム用装備だった後期型は通常のビーム・サーベルの70%ほどのビーム刃が形成できる様に改良された物。
ハープーン・ガン
銛を発射する水中戦用の武装。トリントン湾岸基地に配備された機体が装備している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

水中型ガンダム
エース向けに再設計された機体。
ジムスループ
ジムに水中用のオプションパーツを装備した機体。
ジムダイバー
ジムタイプをベースとした水中用MSの一種。
アクア・ジム (サンダーボルト版)
機動戦士ガンダム サンダーボルト(漫画版)』に登場するアクア・ジム。
水中型ジム
機動戦士ガンダム サンダーボルト(アニメ版)』に登場するアクア・ジム。
ガンダム試作1号機 (アクア装備)
本機の装備を流用している。

商品情報[編集]

リンク[編集]