「アグリッサ タイプ7」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「{{登場メカ概要 | 読み = <!-- 読み方が難しい場合に使用 --> | 外国語表記 = Agrissa Type 7 | 登場作品 = 機動戦士ガンダム00P <!-- *…」)
 
 
28行目: 28行目:
 
[[AEU]]が開発した[[アグリッサ]]の先行生産機。第5次太陽光紛争時に生産された。
 
[[AEU]]が開発した[[アグリッサ]]の先行生産機。第5次太陽光紛争時に生産された。
  
基本的にはタイプ13であるアグリッサと同様の機体であるが、脚部の数がこちらは4本となっており、カーボンクローが装備されている。機体表面は[[ナノマシン]]で覆われており、任意のカラーリングに変更することが可能。主兵装はプラズマフィールドであるが、発生器を取り外しそのスペースに物資を懸架する事も可能であり、[[モビルスーツ]]も2機まで輸送可能。
+
基本的にはタイプ13であるアグリッサと同様の機体であるが、脚部の数がこちらは4本となっており、カーボンクローが装備されている。機体表面は[[ナノマシン]]で覆われており、任意のカラーリングに変更することが可能。主兵装はプラズマフィールドであるが、発生器を取り外しそのスペースに物資を懸架する事も可能であり、[[モビルスーツ]]も2機まで輸送可能。
  
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
;[[機動戦士ガンダム00P]]
 
;[[機動戦士ガンダム00P]]
:
+
:第16回に[[AEUヘリオンメディウム]]と合体した状態で登場。AEUから提供された機体に傭兵部隊を率いる[[フォン・スパーク|ロバーク・スタッドJr.]]が搭乗し、[[ガンダムラジエル]]と交戦している。ガンダムに正攻法で対処する事はできないと判断していたロバークは一度投降する振りを装ってラジエルにプラズマフィールドを食らわせるものの、至近距離からGNビームライフルを撃ち込まれアグリッサ部分を破壊された。
 +
;[[G-ROOMS]]
 +
:第3回の挿絵にカタロンカラーのAEUヘリオンメディウムと合体した[[カタロン]]カラーの本機が描かれている。ホバー輸送艇としての扱いで、脚部は搭載されていない。挿絵ではコンテナ部分からジープが出ている他、機体の側面に装甲板が並べて取り付けられているのが確認できる。
  
 
== 装備・機能 ==
 
== 装備・機能 ==
 
=== 特殊機能 ===
 
=== 特殊機能 ===
 
;プラズマフィールド
 
;プラズマフィールド
:4基のクローからプラズマによるフィールドを展開する。これによって敵機を破壊する事無く鹵獲が可能。
+
:4基のクローからプラズマによるフィールドを展開する。これによって敵パイロットを攻撃し、敵機を破壊する事無く鹵獲する事が可能。
 
;合体 / 分離
 
;合体 / 分離
 
:[[モビルスーツ]]1機との合体及び分離が可能。
 
:[[モビルスーツ]]1機との合体及び分離が可能。
71行目: 73行目:
 
<!-- <references /> -->
 
<!-- <references /> -->
 
<!-- 本文には<ref>内容</ref>のかたちで挿入してください。 -->
 
<!-- 本文には<ref>内容</ref>のかたちで挿入してください。 -->
{{DEFAULTSORT:あくりつさ たいふ7}}
+
{{DEFAULTSORT:あくりつさ たいふ7}}
 
[[Category:登場メカあ行]]
 
[[Category:登場メカあ行]]
 
[[Category:機動戦士ガンダム00P]]
 
[[Category:機動戦士ガンダム00P]]
 +
[[Category:G-ROOMS]]
 
<!-- DEFAULTSORTとCategoryを元に、各カテゴリページに表示・自動整列されます。 -->
 
<!-- DEFAULTSORTとCategoryを元に、各カテゴリページに表示・自動整列されます。 -->

2020年3月23日 (月) 22:52時点における最新版

アグリッサ タイプ7
外国語表記 Agrissa Type 7
登場作品 機動戦士ガンダム00P
デザイナー 福地仁
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルアーマー
型式番号 AEU-MA0707
主動力 バッテリー
装甲材質 Eカーボン
開発組織 AEU
所属 AEU
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

AEUが開発したアグリッサの先行生産機。第5次太陽光紛争時に生産された。

基本的にはタイプ13であるアグリッサと同様の機体であるが、脚部の数がこちらは4本となっており、カーボンクローが装備されている。機体表面はナノマシンで覆われており、任意のカラーリングに変更することが可能。主兵装はプラズマフィールドであるが、発生器を取り外しそのスペースに物資を懸架する事も可能であり、モビルスーツも2機まで輸送可能。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00P
第16回にAEUヘリオンメディウムと合体した状態で登場。AEUから提供された機体に傭兵部隊を率いるロバーク・スタッドJr.が搭乗し、ガンダムラジエルと交戦している。ガンダムに正攻法で対処する事はできないと判断していたロバークは一度投降する振りを装ってラジエルにプラズマフィールドを食らわせるものの、至近距離からGNビームライフルを撃ち込まれアグリッサ部分を破壊された。
G-ROOMS
第3回の挿絵にカタロンカラーのAEUヘリオンメディウムと合体したカタロンカラーの本機が描かれている。ホバー輸送艇としての扱いで、脚部は搭載されていない。挿絵ではコンテナ部分からジープが出ている他、機体の側面に装甲板が並べて取り付けられているのが確認できる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

プラズマフィールド
4基のクローからプラズマによるフィールドを展開する。これによって敵パイロットを攻撃し、敵機を破壊する事無く鹵獲する事が可能。
合体 / 分離
モビルスーツ1機との合体及び分離が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

プラズマキャノン
機首に搭載されている武装。
カーボンクロー
機体下部に2基装備されている近接武装。
クロー
機体下部に4基備わるクロー。脚部としても機能する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アグリッサ
アグリッサのタイプ13。
AEUヘリオンメディウム
作中で合体した機体。

リンク[編集]