アーマーザガン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーマーザガン
外国語表記 Armorzagan
登場作品 ガンダム Gのレコンギスタ
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルアーマー
主動力 フォトン・バッテリー
開発組織 アメリア軍
所属 アメリア軍
主なパイロット ミック・ジャック
テンプレートを表示

概要

アメリア軍が開発した大型可変モビルアーマー。アメリア軍の中では初期の方に開発された機体であり、同軍でビーム兵器を初めて搭載した機体となっている。

飛行形態と人型形態に変形可能であり、開発当時のアメリア軍のビーム兵器開発技術が未熟であった為、高い出力を得る目的で機体は大型化しているものの、機動性に優れた機体となっている。

飛行形態では機体後部にモビルスーツを乗せることができ、フライト・キャリアーとしての運用も可能。頭部に使用されているセンサーはジャハナム等と同じクロスセンサー方式となっている。

武装は主に肩部バインダーに集中しており、ビーム・バルカンとビーム・キャノンが搭載されている。人型形態では両腕部のクローによる格闘戦も行える。

開発途上で建造された機体の為、データ収集も兼ねてメガファウナへの補給任務の護衛という形で実戦に投入された。だが、試作機であるため安定性に問題を抱えており、ビームの収束率が安定しないなどの不具合も発生している。

本機のデータをフィードバックする形でモンテーロが開発され、ジャハナムやグリモアにもビーム兵器が搭載されることとなった。

登場作品と操縦者

ガンダム Gのレコンギスタ
第7話から登場。パイロットはミック・ジャック海賊部隊の補給戦力として実戦に投入され、ビーム砲の不具合を抱えながらもバックパックを換装中で無防備となっていたG-セルフマスク部隊から守りきった。マスク部隊との戦闘後は、アメリア本国からの要請によりクリム・ニックとともにアメリアへと帰投した。

装備・機能

特殊機能

変形
飛行形態及び人型形態に変形可能。

武装・必殺攻撃

ビーム・キャノン
肩部バインダー上部に左右3門ずつ計6門内蔵されているビーム砲。
砲にかかる出力負担を軽減する目的で6門搭載されているが、その威力はモビルスーツを一撃で撃破する程に強力。
ただし、コントロールパネルの結線は完全ではなくビームを収束できない不具合が発生しており、ミックはこれをコクピットでメンテナンスしながら戦闘している。
ビーム・バルカン
肩部バインダー下面に左右5門ずつ計10門内蔵されているビーム砲。速射性に優れている。
大型クロウ
両腕部の伸縮式クロー。人型形態時に使用可能。。
プラズマ・ステイク
クロー中央部に内蔵されている武装。クローで拘束した後、ビーム膜を纏った杭を打ち込む。

対決・名場面

関連機体

モンテーロ
本機のデータをフィードバックして開発された機体。

リンク