エレファンテ

提供: ガンダムWiki
2020年7月4日 (土) 11:20時点におけるB B (トーク | 投稿記録)による版 (→‎関連機体)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレファンテ
外国語表記 Elefante
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルアーマー
型式番号 EMA-04
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星帝国
所属 木星帝国
主なパイロット 木星帝国兵
テンプレートを表示

概要[編集]

木星帝国ニュータイプ専用試作型モビルアーマー。「エレファンテ」はスペイン語で「象」を意味する。

単独で万能の強さを発揮させる目的で開発された実験機で、カングリジョと同型のジェネレーターを5基搭載している。大型の機体で手足に相当する物はないが、全身がIフィールドで守られている。死角のできやすい機体であるが、その欠点を補う武装としてあらゆる方向に自在に動くフレキシブル・ノーズ・キャノンが装備されている。また、サイコミュ兵装としてビットを装備しているためオールレンジ攻撃が可能となっており、移動要塞と言える機体である。

初号機がイオにて宇宙海賊クロスボーン・バンガードと交戦したが、撃破されたことから実用性が疑問視され量産されることはなかった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
第2巻第3話から登場。イオにて宇宙海賊クロスボーン・バンガードと交戦し苦戦させるが、ビットの動きを見切ったトビアペズ・バタラのビーム・アックスの直撃を受け、Iフィールドを無効化された所を他の機体に一斉射撃され戦艦を巻き込みながら爆発した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

Iフィールド
ビームを無効化する装置。

武装・必殺攻撃[編集]

フレキシブル・ノーズ・キャノン
本機の主武装であるビーム砲。チューブで機体と繋がれており、あらゆる方向に射撃が可能となっている。先端にはクローも装備されているため格闘を行える他、チューブを敵機に巻きつけて圧壊させることも可能。
ビット
5基装備されているサイコミュ兵装。メガ粒子砲がそれぞれ1門内蔵されており、マウント状態での発射も可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

エレゴレラ
本機の技術を応用して開発された機体。
カングリジョ
本機とは逆のコンセプトで、コストを下げ量産性を重視した量産型モビルアーマー

リンク[編集]