「オデュッセウスガンダム」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
32行目: 32行目:
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
;[[機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ]]
 
;[[機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ]]
:前述の通り、原作小説の時点では機体設定が存在していなかったため、作中には登場しない。<br/>ただ、原作小説の下巻 (125ページ)では、マフティの空爆により損傷したペーネロペーからフライング・フォームを維持する時のミノフスキー粒子を発生させるユニットを外して調整していたと、ペーネロペーに素体がある事を示唆している記述が見られる。
+
:前述の通り、原作小説の時点では機体設定が存在していなかったため、作中には登場しない。
;[[SDガンダム GGENERATIONシリーズ]]
+
: 原作小説下巻123~125ページには、[[ペーネロペー]]が外装の一部、フライング・フォームを維持する時のミノフスキー粒子を発生させるパーツを外したという記載があり、これが後述のペーネロペーがリファインされた時に設定された、ユニット設定に繋がったと思われる。
:『F』に『閃光のハサウェイ』が初参戦した際、機体デザインが設定された。
+
;[[SDガンダム GGENERATIONシリーズ F]]
 +
: 本作において[[ペーネロペー]]のデザインがリファインされた際、機体デザインが設定されたらしいが、本作には登場せず、またデータ図鑑でも説明されていない。
 
;ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR
 
;ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR
:機体名の「オデュッセウスガンダム」、フライトユニット、アルゴスユニットが設定された。以降、各媒体でこの名称が用いられるようになる。
+
:機体名の「オデュッセウスガンダム」、FFユニット、アルゴスユニットが設定された。以降、各媒体でこの名称が用いられるようになる。
 
;GUNDAM FIX FIGURATION
 
;GUNDAM FIX FIGURATION
 
:Ξガンダムとのコンパチ仕様で発売。カトキハジメがデザインを担当した。コンパチ仕様のためか、脚部形状などがΞに似ており、他の媒体とは機体デザインが若干異なる。
 
:Ξガンダムとのコンパチ仕様で発売。カトキハジメがデザインを担当した。コンパチ仕様のためか、脚部形状などがΞに似ており、他の媒体とは機体デザインが若干異なる。

2020年3月27日 (金) 06:57時点における版

オデュッセウスガンダム
外国語表記 Odysseus Gundam
登場作品 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
デザイナー
  • 森木靖泰(GジェネF)
  • カトキハジメ(映画版)
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RX-104
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金
合体形態

ペーネロペー

(オデュッセウスガンダム+フライト・ユニット)
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
主なパイロット レーン・エイム
テンプレートを表示

概要 

アナハイム・エレクトロニクス社(以下AE社)が開発した試作型モビルスーツ。 機体名称の「オデュッセウス」はギリシャ神話の英雄であり、彼がトロイア戦争に出征して故郷へ帰るまで20年放浪した故事と、本機のロールアウト年(U.C.0104)がAE社がガンダムタイプを開発開始して20年目な事から命名された[1]

機体そのものは第2世代MSに近いが、装備の追加による運用を前提としており、背部にはその為のラッチが存在し、肩関節部と股関節部にはパーツの装着時に左右に広がる機構が設けられている。他のMSよりも大型のサイズになっているが、オプション装備を装着する事で更に大型化する。追加装備はフライト・ユニットとアルゴス・ユニットの2種類が存在するが、装備を追加しない状態でも十分戦闘に耐えうる高性能機である[2]

小説『閃光のハサウェイ』には登場せず、カレンダー「ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR」で「オデュッセウスガンダム」と命名されて、設定が公開された。(PS用ソフト『SDガンダム GGENERATION-F』に『閃光のハサウェイ』が参戦した際にデザイン自体はあった。)同カレンダーにおいて、オデュッセウスガンダムとフライトユニットが合体した形態をペーネロペーと呼称とすると設定した。また、アルゴス・ユニットと呼ばれるビット兵器装備のユニットが開発中との文芸設定も追加されたが、2019年現在デザインは起こされていない。

登場作品と操縦者

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
前述の通り、原作小説の時点では機体設定が存在していなかったため、作中には登場しない。
原作小説下巻123~125ページには、ペーネロペーが外装の一部、フライング・フォームを維持する時のミノフスキー粒子を発生させるパーツを外したという記載があり、これが後述のペーネロペーがリファインされた時に設定された、ユニット設定に繋がったと思われる。
SDガンダム GGENERATIONシリーズ F
本作においてペーネロペーのデザインがリファインされた際、機体デザインが設定されたらしいが、本作には登場せず、またデータ図鑑でも説明されていない。
ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR
機体名の「オデュッセウスガンダム」、FFユニット、アルゴスユニットが設定された。以降、各媒体でこの名称が用いられるようになる。
GUNDAM FIX FIGURATION
Ξガンダムとのコンパチ仕様で発売。カトキハジメがデザインを担当した。コンパチ仕様のためか、脚部形状などがΞに似ており、他の媒体とは機体デザインが若干異なる。
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(アニメ)
2020年に公開予定の劇場用アニメの公開に先駆けて発売されるペーネロペーのガンプラでは、本機とフライトユニットを分離するギミックが再現されている。

装備・機能

特殊機能

換装
フライト・ユニット及びアルゴス・ユニットを換装可能。

武装・必殺攻撃

ビーム・ライフル
携行式のビーム砲。銃身の下部と後端部にエネルギーパックが2つ装着されている。
シールド
コンポジット・ウェポン・ユニットとして機能する小型シールド。
ビーム・サーベル
両腕部にあるコンポジット・ウェポン・ユニットの前部に1基ずつ、計2基を内蔵している。
メガ粒子砲
コンポジット・ウェポン・ユニットの後部に1門ずつ、計2門が内蔵されている。縦方向であれば、ある程度は射角の変更が可能。
使用時はユニットを回転させ、砲身を前方に展開する。
ミサイル
コンポジット・ウェポン・ユニットの両側面に4発ずつ、計32発を格納している。

対決・名場面

関連機体

ペーネロペー
オデュッセウスガンダムにフライト・ユニットを装着した状態。
Ξガンダム
同時期に開発された第5世代MS。作られた工場は異なるが、ミノフスキー・クラフト装備という点でライバル機に当たるガンダム。

商品情報

ガンプラ

フィギュア 

資料リンク

リンク

脚注

  1. 同時に、モビルスーツにミノフスキークラフトを搭載するまでに20年の歳月がかかった事にかけたものである。
  2. ゲーム『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト』では腕部のコンポジット・ウェポン・ユニットを駆使して戦っている。