ガンダム6号機

提供: ガンダムWiki
2020年7月13日 (月) 20:23時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版 (→‎登場作品と操縦者)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム6号機
外国語表記 MADROCK
登場作品
デザイナー
  • 大河原邦男(M-MSV版)
  • 片桐圭一郎(ジオニックフロント版)
  • テンプレートを表示
    スペック
    通称 マドロック
    分類 試作モビルスーツ
    型式番号 RX-78-6
    RX-78-G6
    頭頂高 18.0m
    本体重量 47.3t
    全備重量 84.4t
    主動力 熱核融合炉
    ジェネレーター出力 1,480kW
    スラスター総推力 70,500kg
    装甲材質 ルナ・チタニウム合金
    センサー有効半径 5,900m
    開発組織 地球連邦軍
    開発拠点 オーガスタ基地
    所属 地球連邦軍
    母艦 ブランリヴァル
    主なパイロット エイガー
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    RX-78系のセカンドロットに属する6番目に開発されたガンダム。「マドロック」の通称を持つ機体。

    元々はジムの母体に使用されていた機体であり、その後現在の形に改修された。本機のコンセプトはビーム・ライフルの再チャージの間、火力が低下することを防ぐために固定武装を強化することを目的としている。両肩に大口径キャノン砲を装備しており、装甲も強化している。機体重量の増加の対策としてパワーユニットが搭載されている。ジャブロー防衛の際に未完成状態で破壊されており、修理と同時に肩アーマーと脚部ホバーユニットが追加されている。

    登場作品と操縦者[編集]

    ガンダムセンチュリー
    ガンダム(RX-78プロトタイプ)が8号機まで存在するという設定の初出。
    MSV
    プロトタイプガンダムの設定などでその存在が確認できるが、この段階では参戦記録等が残されていないという設定になっている。
    M-MSV
    主な出典元。機体デザインや機体設定が追加された。
    ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079
    片桐圭一郎氏によるデザインで登場。新たに「マドロック」の通称が設定された。
    ジャブローに未完成状態で、そしてキャリフォルニアベースに完成状態で闇夜のフェンリル隊の敵として立ちはだかる。
    機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊
    Round20にてモニター映像上で登場。
    月刊ガンダムエース
    『ジオニックフロント』でのリデザインの際、機体の各所のデザインがオーガスタ製であるアレックスに似通った物になった本機だが、2019年9月号でオーガスタ製である事が明言された。

    装備・機能[編集]

    武装・必殺攻撃[編集]

    60mmバルカン砲
    頭部に2門内蔵されている。
    300mmキャノン砲
    両肩に2門装備されている。実弾とビームキャノンの2つ説があり、M-MSVでは実弾、小説版ジオニックフロントではビームキャノンが採用されている。ビームキャノンは冷却システムに問題があり、十分な性能が発揮できず、完成状態でも70%の出力に抑えた状態で運用している。
    ビーム・ライフル
    マドロック用に試作された武装。長射程のキャノン砲に対し、近射程をカバーするため、他の物よりも銃身が短めになっている。カードリッジ式のライフルとして制作されていたものがあったが、完成が遅れているためそのライフルは装備されていない。
    XBR-M-79E ビーム・ライフル
    陸戦型ガンダムの物と同型のビーム・ライフル。原作ゲームでは完成状態の時に装備している。
    ビーム・サーベル
    両肩のキャノン砲の側面に合計2基装備されている。
    グレネード・ランチャー
    両腕に4連装グレネード・ランチャーが装備されている。
    シールド
    ジム・コマンドの系列機が装備している曲面的なシールド。
    独自デザインのシールド
    『SDクラブ』などに掲載されているSDサイズの本機が装備している。形状はガンダム・シールドとジム・コマンドのシールドの中間的デザイン。
    ハイパー・バズーカ
    肩掛け式の無反動砲。本機は肩に掛けて使用することはできないと思われる。設定のみ。
    ハイパー・ハンマー
    スラスターが内蔵されているトゲ付きの鉄球。設定のみ。

    対決・名場面[編集]

    闇夜のフェンリル隊

    関連機体[編集]

    プロトタイプガンダムガンダムG-3ガンダム
    ファーストロットに属するガンダム。
    ガンダム4号機ガンダム5号機ガンダム7号機、ガンダム8号機
    本機とは別の仕様に改修されたセカンドロット機。
    ジム・キャノンII
    本機と同様のコンセプトで開発された砲撃仕様機。ティターンズ所属時のエイガーが搭乗している。

    余談[編集]

    • 媒体によってキャノン砲がビームもしくは実弾、ビーム・ライフルが専用デザインもしくは陸ガンの物、と差異の激しい本機だが、ツインアイの色についても度々変更されている。デザイン画初出の『M-MSV』では黄色。リデザイン後の初出である『ジオニックフロント』ではボスキャラらしい赤色。「GUNDAM FIX FIGURATION」では緑色となっている。

    商品情報[編集]

    フィギュア [編集]

    ※パーツ組み替えでガンダム5号機に変更可能。

    資料リンク [編集]

    リンク[編集]

    脚注[編集]