「ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「{{登場メカ概要 | 読み = <!-- 読み方が難しい場合に使用 --> | 外国語表記 = Gundam TR-1 [Advanced Hazel]<!-- 公式名を優先とします。 --> |…」)
(相違点なし)

2019年9月14日 (土) 02:16時点における版

ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]
外国語表記 Gundam TR-1 [Advanced Hazel]
登場作品 ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
デザイナー 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RX-121-2A
頭頂高 18.8m
本体重量 38.5tt
全備重量 78.6t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,420kW
装甲材質
開発組織 ティターンズ
所属 ティターンズ
所属部隊 T3部隊
母艦 アレキサンドリアアスワン
主なパイロット
テンプレートを表示

概要

グリプス戦役の勃発に伴い、T3部隊が本格的な実戦部隊へと再編成されたのに合わせてガンダムTR-1[ヘイズル2号機]を[[ガンダムTR-1[ヘイズル改]]と同等の仕様へ全面改修した機体。

バックパックの可動式ブースターポッドは高機動型ガルバルディβでテストされる予定だったマルチ・コネクター・ポッドに変更され、これによってバックパックにシールド・ブースターを二基装着可能となった。また機体各部にもオプションパーツが装着されており、頭部にはジム・スナイパーIIIと同等の高性能光学センサー・ユニットが追加され、脚底部には推力強化用の補助スラスター・ユニットが、腰部マルチ・ウエポン・ラッチにはサブ・アーム・ユニットがそれぞれ装着されている。これら各種追加装備を装着し、更にヘイズル改の運用データをフィードバックした事でより高次元でバランスの取れた機体として完成している。

機体に装着されたオプションパーツのデータはバーザムの開発に活かされ、サブ・アーム・ユニットも[[ガンダムTR-6[ウーンドウォート]|TR-6]]の腕部折りたたみ機構に発展している。

登場作品と操縦者

ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに

装備・機能

特殊機能

マルチ・コネクター・ポッド
バックパックの可動式ブースターポッドから換装された新型ブースターポッド。コネクターが二基に増えた事でシールド・ブースターも二基装着可能になった。
高性能光学センサー・ユニット
ジム・スナイパーIII用のセンサー・ユニットと同等の機能を持つ光学センサーと照準器を内蔵したバイザーユニット。狙撃時にはバイザーが展開し、モノアイカメラが露出する。
サブ・アーム・ユニット
ヘイズル改で別途テストされていた副腕。一見するとスカートアーマー用の増加装甲に見えるが、展開する事でサブアームとして使用される。高機動形態などで両腕がふさがっている状態でも武器の運用が可能になるが、メインアームとの操作を切り替える必要がある為、同時使用は不可能。また、火器管制も複雑化しパイロットの負担も増大するという欠点もある。
脚底部補助スラスター・ユニット
脚部に装着されるハイヒール状のユニット。機体の総推力の向上を目的としたテスト装備であり、脚底部という装着位置の関係から着艦・着陸時の減速にも使用される。

武装・必殺攻撃

ビーム・サーベル
バックパック右側にマウントされている近接格闘武装。ジム・クゥエルと同様の物。
ジム・ライフル
ビーム・ライフル
試験的に採用されたEパック方式のライフル。連射モードでの使用は消費が激しいためEパックは2つ繋げたものになっている。ショートバレルタイプやロングバレルタイプなど様々な仕様がテスト運用され、後に改良されたものがガンダムMk-IIに採用されている。Eパックはホルダーを介して腰部や前腕部のラッチに接続され、ホルダーはEパック使用後も一種の増加装甲として機能する。
シールド
ジム・クゥエルと同じ対ビーム・コーティング処理が施されたタイプを使用する。
多目的ランチャー
胸部の補助アクチュエーター・ユニットの多目的スペースに装着可能なオプション装備。 発射時に折れることで2連装のランチャーとなる。作戦によってグレネード弾やスモーク弾を選択可能。また多目的スペースに何も装備していない状態であればバルカン・ポッドも装備することができる。
シールド・ブースター
22,000kgの出力を有するスラスターとプロペラントタンクが搭載されているシールド。背部ブースター・ポッドに二基マウント可能。
強化型シールド・ブースター
シールド・ブースターの強化・発展型。シールド表面に拡散ビーム砲が配置され、ミサイルなど実弾兵器を迎撃する事ができる。ただし拡散ビーム砲を配置した分、プロペラント積載量は減少している為、ブースターとしての性能は低下している。

対決・名場面

関連機体

ガンダムTR-1[ヘイズル]/ガンダムTR-1[ヘイズル改]
1号機。改修に伴い運用データがフィードバックされている。
ガンダムTR-1[ヘイズル2号機]
改修前の機体。トライ・ブースター・ユニットによって尖った機体性能を示していた。
ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]
胸部をプリムローズに換装したアドバンスド・ヘイズル。テストの終了したトライ・ブースター・ユニットを装備している。
高機動型ガルバルディβ
アドバンスド・ヘイズルに装備されているブースターポッドは本来こちらの機体でテストする予定であった。

商品情報

リンク

脚注