グレイ・ゼータ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MSZ-006-3B グレイ・ゼータ(Gray Zeta)

概要

カラバの試作型可変モビルスーツ。正式名称はΖガンダム3号機B型。
火力を増強した仕様で大火力の武装を装備している。武装を使用する際、安定させるためにテール・スタビライザーの形状が変更され、翼状となっている。コックピットは全天周囲モニターだが、パイロットの特性に合わせてザクIIなどの第1世代MSのようなパネル式分割モニター表示に設定されている。名称の通り予定ではグレーに塗装される予定だったが、担当者が発注ミスしたために黄色となってしまっている。そのため「イエロー・ゼータ」とも呼ばれている。この黄色の塗装は耐ビームコーティング効果があるが、目立つためパイロットからは好まれていない。パイロットは本機を「バスター・ゼータ」と呼んでいる。

登場作品と操縦者

GUNDAM EVOLVE
『EVOLVE.../9』で登場。パイロットはグレイ・ウルフ。このパイロットはシン・マツナガではないかと言われている。

装備・機能

特殊機能

変形
ウェイブライダー形態に変形可能。この状態で大気圏突入が可能。
高高度迎撃用大型ブースター
大気圏離脱するための大型ブースターを装備可能。

武装・必殺攻撃

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
ビーム・キャノン
大型のビーム射撃兵装。WR形態時には機首となる。
ビーム・サーベル
左右サイドアーマーに収納されている。
ビーム・ガン
WR形態ではビーム・ガンとして機能する。
2連装グレネード・ランチャー
両腕部に内蔵されている。ワイヤー内蔵型に換装することも可能。
シールド
通常のΖ系列機が装備しているシールドより小型のシールド。
メガ・ガトリング
シールド先端に2基装備されている。

対決・名場面

関連機体

Ζガンダム3号機
原型機。

商品情報

リンク