サラミス級

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
サラミス級
外国語表記 SALAMIS
登場作品
テンプレートを表示
スペック
分類 軽巡洋艦
全長 228m(212mとも)
全高 61.3m(71.4mとも)
全幅 68.3m(62.2mとも)
本体重量 12,100t
全備重量 22,000t
動力・推進機関 熱核ロケット・エンジン
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
就役 宇宙世紀0070年代~
主な艦長 リード、他
テンプレートを表示

概要

宇宙世紀0070年代の軍備増強計画によって、大量に建造された連邦宇宙軍の主力航宙軍艦。艦船ランクは一応「(軽)巡洋艦」である。

箱形の艦体の艦首にミサイル発射管、艦底に大型の放熱板、その上方と左右に艦橋構造物を備え、全体に分散してそれ以外の武装を装備している。非常にバランスの良い性能を持っており、死角が少なく速射性が高い単装メガ粒子砲や艦首ミサイルランチャーによる高い火力とファランクスシステムを用いた対宙防御力を兼ね備えているほか、一年戦争後半からは当初全く想定していなかったであろうボールモビルスーツといった艦載機の搭載能力を付与することに成功するなど拡張性も高い。

設計が一年戦争以前であったこともあって、レーダーを封じられるミノフスキー粒子や全く新しい戦術兵器であるモビルスーツといった新技術をジオン軍によって投入されたルウム戦役などの一年戦争序盤の戦闘では大敗を喫していたが、ビンソン計画によって本級が大量に建造されると、ジムボールなどの艦載機と共に宇宙軍の主力となり、物量でジオン軍を圧倒していった。この時建造された艦は後期型とされ、艦内にモビルスーツデッキを新設する、メガ粒子砲を撤去した上下の甲板に露天繋止させる、艦底に固定させるといった方法でモビルスーツの展開能力を獲得した艦も多く、一部はジャブローなどの地球上の拠点で建造したうえでブースターを装着して直接宇宙へと打ち上げられた。

一年戦争後も宇宙における主力艦として新規の建造が続けられ、デラーズ紛争グリプス戦役の時期にはそれぞれ異なるタイプのサラミス改が多数配備されている。これらの艦は火力やモビルスーツ運用能力などの強化などの改修を受けているもの基本的な設計は同一で、クラップ級が開発・配備された後もザンスカール建国戦争の時期まで配備され続いていることは兵器としての優秀さを証明しているといっていいだろう。

同型艦

マダガスカル
『1st』第4話~第5話に登場。艦名は書籍「機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑」で設定された。ルナツーに所属していた艦で、地球に向かうホワイトベースを護衛する任務に就く。艦長はリード中佐。リードが大気圏突入カプセルでホワイトベースに同行した後はカミラ少尉と共にルナツーに帰還したと思われる。
ボール搭載型
『MS IGLOO』に登場。艦前部のメガ粒子砲と両舷のミサイルランチャーを撤去し、甲板上にボールを最大6機艦載できる。同作ではこれ以外にも甲板上にジム改を積載した艦が登場している。
ナガヌマ
ボール搭載型の1つ。ガンプラ「MG 1/100 RB-79 ボール シャークマウス仕様」のインストに名称のみ登場。オハイオ小隊ソロモン戦時の母艦であり、ソロモン制圧後に宙域最外縁の哨戒任務に就いていた。しかし、識別不明の小型艇を捕捉し小隊が追撃のために離れた隙に同小型艇からの攻撃を受け撃沈した。
ランタオ
宇宙のイシュタム』に艦名のみ登場。サイド2を防衛していたが轟沈したようで生き残りのクルーがジオンに捕まり、味方に偽の通信を入れさせている。

登場作品と操縦者

機動戦士ガンダム
宇宙における戦闘シーンで多数が登場している。本格的な登場シーンはルナツーから地球に向かうホワイトベースを護衛するマダガスカルが初で、その後はソロモンア・バオア・クーの攻略戦で激戦を繰り広げるシーンがある。といっても量産兵器の常としてやられ役としての登場が主で、ビグ・ザムエルメスジオングなどのジオン軍の特殊兵器をはじめとする猛攻で多数の本艦が撃沈されている。
機動戦士ガンダム (冒険王版)
Vol.8で登場。冒頭でザンジバル級を単装砲の一撃で撃沈している。表記は「サラミスタイプ」。参考資料が不足していたためか、重力下で普通に飛行するという『V』を先取りした光景が見られる。同作ではマゼラン型も普通に飛行しており、共にジオン軍をユーラシア地域から大幅に後退させるという目覚ましい戦果を挙げている。
機動戦士ガンダム MS IGLOO
従来の作品とは異なり、宇宙空間で機敏な艦隊行動をとって戦闘しているシーンが多い。とはいえ敵役の量産兵器という立ち回りからか相変わらずやられ役で、加えて味方のボールごと敵を撃墜するなど悪役として描かれている部分も多い。

装備・機能

特殊装備

大気圏突入カプセル
艦底部に装備できる小型シャトル。

武装

単装メガ粒子砲
艦の前方(甲板と両舷)と後方(艦橋と推進器の間の上面と両舷)に1門ずつ、計6門装備している主砲。形状は現代の一般的な軍用艦の単装砲とほぼ同じ。配置が分散しているうえ各砲塔の射界が広いため死角が少ないが、単一方向への攻撃力はムサイ級よりも劣る。
連装機銃
両舷の艦橋構造物の上下に1基ずつ、主艦橋の前方に左右に張り出す形で2基装備。艦橋前部のものは媒体によってデザインが異なり、球状の砲塔を持つものや3連装のものもある。
6連装ミサイルランチャー
両舷前方のメガ粒子砲の後ろに1基ずつ計2基装備。艦首のミサイル発射管より小型のミサイルを装填しているので、より短距離ないし小型の目標に使用すると思われる。
艦首大型ミサイル発射管
艦首の左右に2連装発射管を4基ずつ計16門装備。前方に向けて固定装備されているため発射方向は大きく制限されているため、対艦・対要塞用に特化している。

主な艦載機 

対決・名場面

関連機体

サラミス改
一年戦争後に建造された改修型。0083版とΖ版が存在し、前者が総合性能を向上させた改良型であるのに対し、後者はMS運用艦として近代化改修されている。
ネルソン級
一年戦争末期にMS軽空母として改修を受けたサラミス級。艦の両舷にカーゴベイが増設されている。
スルガ
ネルソン級と同様にMS搭載艦としてサラミス級から改修されたフジ級 (サラミス後期生産型)の1つ。
マゼラン級 / コロンブス級
一年戦争時に僚艦として戦列に並ぶ事の多かった艦。
サラミス級宇宙警備艇
西暦末期~宇宙世紀初期に運用されていた同名の艦。
クラップ級
後継艦。

商品情報

ガンプラ

リンク