2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ザクウォーリア

提供: ガンダムWiki
2018年11月9日 (金) 01:48時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

ZGMF-1000 ザクウォーリア(Zaku Warrior)[編集]

概要[編集]

ザフト軍が開発した「ニューミレニアムシリーズ」の量産型モビルスーツ

一般兵用の標準機で、単に「ザク」と呼ばれる機体は本機を指すことが多い。ジンシリーズとは違い、新設計で開発された機体で、右肩には1基のスパイクを持つ曲面アーマー、左肩にはスパイクシールドを装備した、左右非対称の形状となっている。なお、名称は「Zaft Armored Keeper of Unity(鎧に身を固めたZAFTの統一の保護者)」の略である。

元々は量産型としては初の核動力MSとして設計されていたが、ユニウス条約の「ニュートロンジャマーキャンセラーの軍事利用の禁止」を受け、従来のバッテリー駆動方式に変更された。最大の特徴はバックパック換装機構「ウィザードシステム」を搭載している事で、数種類のオプションユニットを用途に応じて換装する事で、様々な局面に対応可能となっている。本機のスペックは、ウィザードがない状態でも先代機のゲイツ地球連合軍ストライクガンダムを初めとする初期型GAT-Xシリーズを上回る。 なお、左肩のシールドを使って大気圏に突入する事も可能だが、可動に支障をきたすほどの損傷を負う可能性が高いため、イレギュラーな状況以外では推奨されていない。

ウィザードシステム[編集]

本機やザクファントムなどで採用されている、地球連合軍ストライカーパックシステムを参考にして開発された換装システム。用途に応じてバックパックを換装する事で様々な状況に対応可能となっている。

ブレイズウィザード
ミサイルポッド内蔵のスラスターユニットを装備した高機動戦用のバックパック。
ガナーウィザード
高出力ビーム砲と専用エネルギータンクが一体となった砲撃戦用のバックパック。
スラッシュウィザード
ビームガトリング砲と携行式のビームアックスを装備した近接戦用のバックパック。
ノクティルーカウィザード
水上移動用の強襲揚陸装備。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
普及機ではあるが、C.E.73の時点ではようやく本格配備が実施されたばかりの最新鋭機だったため、初期はルナマリア・ホークなどのザフト・レッド、ディアッカ・エルスマンを初めとしたエースパイロットに優先的に配備されていた。また、アーモリーワンでの戦闘に巻き込まれた際、アスラン・ザラカガリ・ユラ・アスハと共に乗り込み、奪われたセカンドステージシリーズのカオスガンダムアビスガンダムガイアガンダムと交戦した。その後もユニウスセブンの破砕作業に参加した時にブレイズウィザードを装備して出撃。その際の戦闘でイザーク、ディアッカと連携してカオス、アビスやジンハイマニューバ2型を撃退している。中盤以降は配備が進み、地上や宇宙を問わず、各戦線で姿が見られるようになった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
ウィザードシステムを換装する。

武装・必殺攻撃[編集]

MA-M8 ビームトマホーク
シールド内に収納されているハンドアックス状のビーム兵器。接近戦で使用するが、ビームブーメランのように敵機に投げつけて使うことも出来る。
MMI-M633 ビーム突撃銃
MMI(マイウス・ミリタリー・インダストリー社)製のビームライフル。ザクシリーズの主兵装で、小型で取り回しに優れる。着脱式のビームマガジン方式が採用されており、機体ジェネレーターからエネルギーを供給することなく、ビーム兵器を使用可能。水中戦では使用できない。
ハンドグレネード
MSサイズの手榴弾。腰部のハンドグレネード用パレットに左右2発ずつ、計4発マウントされている。ZR20E高性能炸裂弾、ZR27Iテルミット焼夷弾、ZR30F通常榴散弾、ZR11Q閃光弾、ZR13Q発煙弾の5種類があるが、劇中ではほとんど使用されず、使われた物もどれであるのかは不明。
対ビームシールド
左肩に装備された3基のスパイクを持つ対ビームコーティングシールド。マニピュレーターで保持するわけではないので、銃とトマホークを同時使用するなど、より柔軟な運用が可能となる。ウェポンラックも兼ねていて、裏面にはビーム突撃銃の予備カートリッジを2基、内部にはビームトマホークを格納している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ルナマリア専用ザクウォーリア
ルナマリア・ホークの専用機。
ザクウォーリア (ライブ仕様)
ラクス・クラインのライブ用にピンクの塗装やマーキングが施された機体。
ザクウォーリア (ラガシュ基地仕様)
海底基地ラガシュで運用されている水色の機体。
ブレイズザクウォーリア
本機のブレイズウィザード装備。
ガナーザクウォーリア
本機のガナーウィザード装備。
スラッシュザクウォーリア
本機のスラッシュウィザード装備。
ホスピタルザクウォーリア
本機のホスピタルウィザード装備。
ケルベロスザクウォーリア
本機のケルベロスウィザード装備。
ノクティルーカザクウォーリア
本機のノクティルーカウィザード装備。
ザクファントム
指揮官用の上位機種。
ザク量産試作型
ニュートロンジャマーキャンセラー搭載の試作機。
ザクスプレンダー
コアスプレンダーシステムの運用試験機。
コマンドザクCCI
ニュートロンジャマーの影響下での無線通信用に開発された機体。
プロヴィデンスザク
レジェンドガンダムのプロトタイプにあたる機体。
ゲイツ
前世代機。
グフイグナイテッド
本機と同時期に開発され、主力機の座を争った。
ドムトルーパー (オリジナル仕様)
本機以前に次期主力機として開発されていた機体。ウィザードシステムはこの機体から引き継がれている。
ザクII
オマージュ元。

余談[編集]

  • 外見、および名前が「ザク」であるのは、福田監督が「『ガンダム』が宇宙世紀以外でも名前を変えて登場しているのだから、『ザク』を登場させても良いのでは」という理由であり、大河原邦男氏によってデザインをSEED風にリファインした上で登場することとなった。専用機が多く登場しているのも、元ネタであるザクIIが量産機でありながらシャアの搭乗によってキャラクター性を確立したことが要因となっている。

商品情報[編集]

リンク[編集]