「ザクラオ」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
1行目: 1行目:
 
{{登場メカ概要
 
{{登場メカ概要
 
| 読み = <!-- 読み方が難しい場合に使用 -->
 
| 読み = <!-- 読み方が難しい場合に使用 -->
| 外国語表記 = <!-- 公式名を優先とします。 -->
+
| 外国語表記 = Zakulao<!-- 公式名を優先とします。 -->
 
| 登場作品 =  
 
| 登場作品 =  
 
*[[機動戦士クロスボーン・ガンダム]]
 
*[[機動戦士クロスボーン・ガンダム]]
46行目: 46行目:
 
:両肩に3基ずつ内蔵されている格闘武装。
 
:両肩に3基ずつ内蔵されている格闘武装。
 
;メガ=ビームトマホーク
 
;メガ=ビームトマホーク
:文字設定のみ。[[ヒート・ホーク]]に相当する武装と思われる。
+
:文字設定のみ。[[ヒート・ホーク]]に相当する武装と思われる。作中では斧のような形状の武装を持った機体が小さく登場している。
  
 
== 対決・名場面 ==
 
== 対決・名場面 ==

2020年8月1日 (土) 21:23時点における最新版

ザクラオ
外国語表記 Zakulao
登場作品
デザイナー 長谷川裕一
渋谷エヌ (機体名)
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
所属 各コロニー軍
テンプレートを表示

概要[編集]

宇宙世紀0130年代に各コロニー軍が開発したモビルスーツ。生産はプラントを持つスペースコロニーが行った。

ジオン系の流れを汲む小型機で、外観はザク系統の機体である。小型化にも成功している通り技術的にも性能の高い機体である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
コロニー軍の機体として登場。木星帝国と交戦している地球連邦軍の援軍として駆けつけ交戦した。作中に設定は登場せず、長谷川裕一氏のアシスタントを務めている猫崎実氏の同人誌「UGLY JADE MACHINE」にて機体名および詳細設定が明かされた[1]
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
讃美歌の国の戦力として登場している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・マシンガン (ビーム=ザクマシンガン)
携行式の射撃兵装。外見はザク・マシンガンを模している。
ビーム・スパイク
両肩に3基ずつ内蔵されている格闘武装。
メガ=ビームトマホーク
文字設定のみ。ヒート・ホークに相当する武装と思われる。作中では斧のような形状の武装を持った機体が小さく登場している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクII
本機はこの機体の外見を模している。

余談[編集]

  • 機体名は『DUST』でメカニックデザインのアシスタントを担当する渋谷エヌ氏による命名との事。由来は某RPGの魔法とされている(恐らく火炎魔法「アギラオ」と思われる)。

リンク[編集]

脚注[編集]