ザンスカール帝国

提供: ガンダムWiki
2020年5月21日 (木) 02:30時点におけるTomo (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ザンスカール帝国(Zanscale Empire)[編集]

機動戦士Vガンダム」等に登場する主人公陣営の敵対勢力。なお「ザンスカール」とはインドのカルギル地方の地名に由来する。

宇宙世紀0149年にサイド2アメリアコロニーに勃興した国家。ザンスカール建国時の宇宙世紀は「宇宙戦国時代」とも呼ばれ、地球連邦政府の弱体化に伴い各スペースコロニーが自治政府を打ち出す「コロニー国家主義」が台頭していた[1]。ザンスカール帝国もその中で生まれたコロニー国家の一つである。

その源流はマリア・ピァ・アーモニアと結託したフォンセ・カガチが立ち上げた政治政党「ガチ党」であり、アメリア政庁の第三勢力として躍進し、与党[2]となった後にマリアを女王とするザンスカール帝国の建国が成された。また、その際にアメリアに駐留していた連邦軍部隊とサナリィサイド2支社を接収・再編し軍事部門である「ベスパ」を編成している。

女性を中心とした母系社会を説くマリア主義を掲げながらも、反対派勢力をギロチンや強大な軍事力によって粛清する恐怖政治を用いるという相反する二つの顔を持ち、その姿勢に反感を持つ者も少なくない。その目的はマリア主義を掲げた穏やかな人類の再生であり、恐怖政治もその為の手段に過ぎない。この思想に反発した民間ネットワークがリガ・ミリティアを結成、レジスタンス活動を開始した事でザンスカール戦争に発展していった。

ベスパの強大な軍事力を背景に周辺コロニーを併合していき、地球進行を開始。リガ・ミリティアによる抵抗を受けて本国への空襲を許すものの地球クリーン作戦を発動し、その裏で連邦軍との休戦協定を締結させた。だが、それは巨大サイコミュ要塞エンジェル・ハイロゥ起動までの時間稼ぎに過ぎず、カガチの最終目的はこれを地球に降下させて地球に住む人類すべてを幼児退行させる事にあった。しかし、エンジェル・ハイロゥを巡る攻防戦の最中に現体制に疑問を抱いたタシロ・ヴァゴが反旗を翻し、女王マリアを拉致。クーデターそのものは失敗に終わるが、その最中にマリアも死亡。更に帝国の中心人物であるカガチに加え、軍の実質的なトップであるムッターマ・ズガン、女王の弟クロノクル・アシャーも戦死。エンジェル・ハイロゥも崩壊し、膨大なリソースを割いた作戦の失敗によって、ザンスカール帝国は事実上崩壊した。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士Vガンダム
機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス
機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト

関連用語[編集]

ベスパ
ザンスカール帝国の国軍。ベスパとは「スズメバチ」を意味する。サイド2駐留の連邦軍やサナリィの一部が前身となっている。
イエロージャケット
ベスパの特殊部隊。ベスパのノーマルスーツが黄色い為、こう呼称されている。
モトラッド艦隊
アドラステア・リシテアの両艦船で構成された地球侵攻艦隊。
ゴールデンエッグス
NT育成や戦術研究を目的とした特務部隊。ザンスカール戦争終盤で本国から離反。

関連人物[編集]

マリア・ピァ・アーモニア
フォンセ・カガチ
ムッターマ・ズガン
タシロ・ヴァゴ

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. コスモ・バビロニア建国戦争以降、連邦の弱体化が明らかになった事で始まったコロニー単位での独立機運の高まりが始まりとされる。
  2. この際、贈収賄で起訴された首班グループを糾弾し、彼らをギロチンで粛清した事がガチ党の影響力を強める要因となった。