ジェガンD型

提供: ガンダムWiki
2019年3月4日 (月) 08:59時点におけるB B (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェガンD型
外国語表記 Jegan[D Type]
登場作品
デザイン カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-89D
頭頂高 19.0m
本体重量 21.3t
全備重量 47.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,870kW
スラスター総推力 62,000kg
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
センサー有効半径 16,800m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
主なパイロット 地球連邦軍一般兵
テンプレートを表示


概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の量産型モビルスーツジェガンのマイナーチェンジ機である。
第二次ネオ・ジオン抗争後、「今後は大規模な戦争が起こる確率は低い」という見解の下に地球連邦政府は軍縮を推進しており、新型機の開発よりも任務内容に応じた多数のオプション装備を現行の機体に用意し、それを換装する事で対応する事が優先されていた。本機もそれに伴って生み出された機体であり、自由に装備の換装が行えるようにバックパックの形状が変更され、肩部や腰部にも追加装備用のアタッチメントが設けられている。また内部機構にも手が加えられ、性能も多少向上した。

スタークジェガンを始め、様々な換装形態が存在している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC
宇宙世紀0096時の地球連邦軍の主力機としてロンド・ベル隊などに配備されているが、大した活躍はしていない。
機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ
マリアナ基地に現れた教導部隊レイヴン隊の隊長、ピコ・アルティドール大尉の駆る黒い機体が登場。配下のハイザックガルスJ部隊と共に、戦場に現れたガンダムデルタカイ陸戦仕様と激戦を繰り広げた。
ガンダムEXA
U.C.0133時にダイブしたレオス・アロイエクストリームガンダム type-レオス エクリプス・フェースに攻撃されている姿が確認できる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
スタークジェガンエコーズ仕様EWACジェガンへの換装が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン・ポッド・システム
頭部左側に1基装備。ガンダムMk-IIの物を小型化しており、着脱は不可。マガジンの交換は頭部右側から行う。
ビーム・ライフル
本機の主兵装。短銃身型のために射程は短めだが取り回しがよく、速射性も高い。混戦時には搭載されているセンサーを併用する事で確実に敵機に命中させられるようになっている。
ビーム・ライフル(リゼル用)
リゼルの主兵装。Ζガンダムが使用していた物と同様に銃身が長い。通常モードと高出力モード(「ギロチン・バースト」と呼ばれる)のどちらかに選択可能な他、ロングビームサーベルとしても使える。
Episode 6にてバンシィ・ノルンの迎撃の為に出撃した機体が装備していた。
BR-87A ビーム・ライフル
ハイザックマラサイが使用していた物。Episode 7にてシャイアン基地に配備されている機体が装備していた。
バズーカ
実弾を発射する無反動砲で、この時期の連邦軍MSの汎用武装。後部カートリッジから弾を供給するが、前方にも予備カートリッジが装填されている。
ハンド・グレネード
左腰に3基装備している接近戦用の武装。信管は使用する際に時限式とセンサー式を選択できる。
ビーム・サーベル
右腰に1基マウントしている。2種類のビーム刃を形成可能で、ラックにはエネルギーの急速充填が可能なキャバシターシステムを搭載している。
シールド
防御用の実体盾。攻撃を弾いたり逸らしたりするための構造や材質を採用している。
ミサイル・ランチャー
2連装の物をシールドに2基装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジェガンD型 (先行配備機)
カラーバリエーション。
ジェガン (エコーズ仕様)
エコーズに配備されているタイプ。
ジェガンD型 護衛隊仕様
増加装甲を追加したタイプ。
ジェガンD型 (ピコ・アルティドール専用機)
ピコ・アルティドールが搭乗する機体。機体カラーは黒。
スタークジェガン
追加装備を施した特務仕様。
EWACジェガン
偵察用オプションを装備したタイプ。
ジェガン
初期型。
ジムシリーズ
ジェガン系列機にあたる。
ゴーストジェガンMゴーストジェガンF
『ガンダムビルドファイターズA-R』に登場する本機をベースとしたガンプラ。MとFでセンサーが異なる。

商品情報[編集]

リンク[編集]