2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジム改

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

RGM-79c ジム改 (GM type C)

概要

地球連邦軍がかねてより開発していた初期型ジムをベースにRX-78-2の交戦データを基に性能を向上させた、アップデート版のモビルスーツ。一年戦争末期から量産、配備が始まり、ア・バオア・クー戦にも多数が実戦投入されている。 戦後はジムIIが登場するまで地球軍の主力機として、デラーズ紛争など多くの局面に投入されるも、残党軍相手に歯が立たなかった事が災いし、良好な性能を持ちながらジムII登場後、すぐに主力機の座を受け渡す事となった[1]

機体カラーは統一されておらず、宇宙軍機は通常のジムと同じ朱色と薄緑のツートンカラー。トリントン基地など地上に配備された機体は濃紺とクリーム色、また特殊部隊や教導隊に配備された機体も独特の色彩が施されており、部隊や派閥によって多くのカラーリングが確認されている。

登場作品と操縦者

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
トリントン基地に配備された濃紺とクリーム色の機体が確認されている。パイロットは元『不死身の第4小隊』のリーダーであったサウス・バニング大尉。本機はアナベル・ガトーによるGP02奪還任務の際にジオン残党軍のザメルと交戦し、機体を大破させられながらもこれを撃破した。しかし軍全体の練度不足も災いし、バニング機以外は大半が撃破されてしまっている。
機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊
教導団『ネメシス』の「プレジデント(大統領)」ことホーク・ロイザー大尉の乗機。他のネメシス隊機と同じく濃いブルーに彩られており、またパイロットであるロイザーの高い操縦技量によって色々な神業じみた活躍を披露している。
機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ
一年戦争時の孤児達で構成された特殊部隊シャドウズの機体として登場。カラーリングは全身がダークグレーに統一されている。カイン・ラグナードがリーダーを務める『チーム5』にも、戦友であるリネマ・サントザルフ・ワッケンの機体として2機が配備されており、リネマ機は速射性に優れたビームカービンを携行、ザルフ機は背部のランドセルを各種爆薬類を満載した大型ユニットに換装している(地上では脚部を陸戦型ジムのものに変える必要がある)。カインと共に中東のジオン残党軍拠点『ヘルズゲート』を攻略するために出撃するが、待ち構えていたドム・バラッジ部隊に襲撃され、2機とも大破。カインのジム・スナイパーII共々乗り捨てられている。
機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079-
先行量産された機体が登場。第2話では強行偵察隊のザクIIを迎撃した。第3話では仲間を殺された私怨から停戦勧告を無視してオッゴを撃墜し、再びジオンとの戦端を開いてしまう。中にはザクIの不意打ちを食らって2機同時に撃墜されるシーンもあった。
機動戦士ガンダムMSV-R ザ・トラブルメーカーズ
第1話に陸戦型ジムカラーの機体が3機登場(文章中は「ジム」表記)。内1機は、珍しくガンダム・ハンマーを装備していた。ディーン・ウエスト陸戦高機動型ザクマサ・オーカードム高機動試作機との交戦の末、全機が戦闘不能に追い込まれた。
アナハイム・ラボラトリー・ログ
第7回、第8回に登場。AE社がエゥーゴカラーの機体を非戦闘用に保有している。両肩にセンサー・ライトが取り付けられているのが特徴。予備プロペラントタンクと推進器を取り付けた脚部(ジム・キャノンIIの脚部に類似)を持つ指揮官機も登場している。作中ではプロト・メガライダー運用試験のサポートを行った。

装備・機能

センサー・ライト
『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場する機体が装備。両肩に装着して使用する。暗所作業用のライトと、収集した運用データを随伴機に転送する機能を持つ外部センサーで構成されている。

武装・必殺攻撃

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。
ブルパップ・マシンガン
連邦軍で幅広く普及している90mmマシンガン。本機の主兵装。
ハイパー・バズーカ
一年戦争後のジム系列機が携行しているバズーカ。後のガンダムMk-IIも同型の物を使用している。
ロング・ライフル
ジム・ライフルと同一の機関部を持つロングバレルのマシンガン。『0083』では設定のみで本編には未登場。
BR-M-79C-3 ビーム・スプレーガン
ジムが装備するBR-M-79C-1の改良モデル。センサー追加の他、出力と有効射程が向上し、小型化にも成功している。ロング・ライフルと同様、『0083』では設定のみ。
ビーム・サーベル
近接戦闘用の斬撃武器。バックパック左側面に1基装備。
シールド
後期生産型のジムが装備している十字マーク無しのシールド。
100mmマシンガン
ビーム・ガン
陸戦型ガンダムが装備するビーム・ライフルのショートバレルタイプ。『MS IGLOO 黙示録0079』に登場した機体が装備。
ビーム・カービン
シャドウズ所属のリネマ機が装備。
BR-S-85-C2 ビーム・ライフル
ジムIIなどが装備しているビーム・ライフル。T3部隊所属機はEパック方式の物を装備。
ガンダム・ハンマー
『ザ・トラブルメーカーズ』に登場する機体が装備。
小型シールド
陸戦型ジムが装備しているシールド。『ザ・トラブルメーカーズ』に登場する機体が装備。
シールド(ネモ用)
ネモが装備しているシールド。『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場する指揮官機の装備として設定されている。

対決・名場面

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

ザメル
第2話より。試作2号機を追撃するコウを援護するため、ザメルに組みかかるバニングだったが、大質量の機体の前に、岩に押さえつけられ中破してしまう。しかし、その手に握られていたビーム・サーベルはザメルのコックピットを貫いていた。

関連機体

初期型ジム
原型機。本機がデザイン元になっている。
ジム後期生産型
本機のデザイン元。
ジム
前期生産型。
ジム・ストライカー、ジム・ストライカー改
本機をベースに、より格闘戦と白兵戦に特化させた機体。
パワード・ジム
ガンダム開発計画の一環として、本機をベースに大型バックパック、大推力ブースター、両膝用のショック・アブソーバーユニットを搭載した評価試験機。
ジム改高機動型
ジムIIの採用試験用として、バックパックやセンサーをジムIIのパーツに置き換えた機体。
ジム・スナイパーIII
ジム改高機動型の狙撃仕様。
EWACジム
本機にアイザックとほぼ同型のレドームを装備した偵察機。
ジム改[ケラウノス所属機]
不足パーツをジム・コマンド等のパーツ・ジャンクパーツで補った機体。
ジム改[ワグテイル]
中破したケラウノス所属機を改修した機体。
ジム・カナールジム・カンヌ
本機を訓練用に再設計した機体。
ジム・レイドジム・レイドライト
本機の強襲用装備。
ジム改陸戦型
本機のサンダーボルト版。脚部にフロートを装備しており、水上を高速移動できる。

脚注

  1. HGUCジム改の説明書より

商品情報

リンク