ジュアッグ

提供: ガンダムWiki
2020年2月20日 (木) 21:44時点におけるTomo (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュアッグ
外国語表記 Juaggu
登場作品
デザイナー 富野由悠季(ラフ)
大河原邦男 (クリンナップ)
テンプレートを表示
スペック
分類 水陸両用試作型モビルスーツ
型式番号 MSM-04G
全高 17.4m
本体重量 137.3t
全備重量 198.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,660kW
スラスター総推力 97,900kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要 [編集]

ジオン公国軍が開発した試作型モビルスーツアッグアッグガイゾゴックジャブロー攻略用の特務機「アッグシリーズ」の1機である。

他の3機の後衛役として砲撃性能を重視しており、高い火力を持つ。また任務の遂行上、強行突破を強いられる可能性も高い事から装甲が分厚くなっており、防御力も凄まじい。その分、重量もかなり増加している。最大の特徴は楕円状の頭部で、象の鼻のような可動式の排熱ダクトを備えている。背部に装着されたバックパックの設計は静粛性に主眼が置かれている。

開発にはアッガイの設計が転用されているが、主に陸上での戦闘を想定している為にせいぜい水中航行が出来る程度である。その為、厳密には水陸両用機ではなく陸戦機に近い。

限定された任務をこなす為に生まれた特務モビルスーツであったが、ジャブロー攻略戦に傘下した記録は残されておらず、後に一部の好事家が個人的に所有する機体として存在自体は確認されている[1]。また、0096年には地上に潜伏したジオン残党によってダカール襲撃時に運用された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム
設定の初出作品。本来はTV版に登場予定だったが、諸事情で未登場となった。
MSV
ジャブロー攻略戦に投入されるはずだったが、実戦での運用は確認されていない。その後、一部のコレクターがレプリカらしき機体を所有しているのが確認されている。
機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊
北米の地球連邦軍エルスワーズ基地を攻撃する工作部隊に配備されており、味方機を支援していた。その後、撤退中に連邦内の協力者によって撃破されている。
機動戦士ガンダムUC
OVA版で登場。ガランシェールの大気圏突入による注意を反らす揺動の為にジオン残党部隊によってダカールで運用され、ジムIIIジムIIと交戦したが、増援で駆けつけたネモに気を取られている隙にジムIIIのビーム・ジャベリンによって無力化された。
ロケット・ランチャーの連射性強化に加え、メガ粒子砲が収束率の高い物に換装される等の改修が施されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
腕部をマニピュレーターに換装可能。携行武装等を使用する際に使われる。

武装・必殺攻撃[編集]

3連装320mmロケット砲
両腕に1基ずつ装備されている。口径が非常に大きく、それに比例して高い威力を誇る。
残党軍の使用した機体は、小型ロケット弾による連射性を高めた物に換装されている。
メガ粒子砲
胴体に4門内蔵。ジェネレーターと直結されているようである。
残党軍仕様の機体はより収束率の高いビーム砲に換装されており、射程距離は限定されるが、エネルギー収束率の高いビームを長時間照射する事が可能であった。
なお「オレら連邦愚連隊」に登場した機体はスラスターとして描写されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジュアッグ改
本機の改良型。
アッグ / アッグガイ / ゾゴック
ジオン公国軍が開発したアッグシリーズの機体群。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

MSV版

UC版

リンク[編集]

  1. 一説にはレプリカであったとする意見も存在する為、実際にジオンがこの機体を配備したのか長年の間疑問にされてきた。