ジンハイマニューバ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジンハイマニューバ
外国語表記 GINN Type High-Maneuver
登場作品
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用量産型モビルスーツ
型式番号 ZGMF-1017M
全高 21.13m
重量 80.41t
主動力 バッテリー
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
主なパイロット ミハイル・コースト
ラウ・ル・クルーゼなど
テンプレートを表示

概要 

ジンの高機動型。背部バックパック・スラスターにはミーティアに採用されたスラスターのプロトタイプとなったMMI-M729エンジンが搭載されており、他の部分にもスラスターを追加し、各関節部も強化されている。

本機は少し変わった開発経緯を持っている。ザフトは旧式化しつつあるジンの後継機としてシグーを開発したが、シグーが思っていた程の性能向上が見られなかった事と、クルーゼ隊のG兵器奪取によって連合軍のMS技術がザフトにもたらされた事が重なり、上層部はシグーの生産を打ち切り、新しい機体(後のゲイツ)の開発に着手することになった。そのため、ゲイツが前線に配備されるまでの「繋ぎ」としてジンの延命措置を決定、開発されたのが本機である。

開発陣は本機の製作に当たり、信頼性および生産性の確保を優先するため、既に他の機体などでバトル・プルーフ(実戦でその性能が実証されている事)済みの技術のみを採用している。上述したバックパック・スラスターもその一例である。

完成した本機は優秀なパイロットに優先的に与えられ、ゲイツ配備までの期間にごく少数の機体が配備される事となった。実用化済みの技術で作られた機体ではあるが、トータルバランスの高さは優秀であり、本機を受領したパイロットからの評判は抜群であった。また、ジンと同様の操作性でかつ補修部品のほとんども共通であった事も、前線の将兵から強く支持されており、ゲイツの登場後も配備を望む声が強かった。

登場作品と操縦者

機動戦士ガンダムSEED MSV
出典元。
機動戦士ガンダムSEED MSV戦記
パイロットはラウ・ル・クルーゼ
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B
機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
主なパイロットはミハイル・コースト
機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション 虚空の戦場
ヴェサリウスの格納庫内にクルーゼの予備機が一瞬だけ登場している。

装備・機能

特殊装備

バックパック・スラスター
ミーティアのスラスターのプロトタイプにあたる高機動スラスター。各種艦船で稼動実績を持つMMI-M729エンジンが採用されている。
脚部増加装甲
両脚部側面に増設された高機動スラスター。2軸の推進方向を持ち、コックピット位置を中心とした機体の旋回機動性能180%向上させている。また、その旋回モーメントを受け止めるため、本機の関節強度はジンの30%増しまで強化されている。

武装・必殺攻撃

JDP2-MMX22 試製27mm機甲突撃銃
本機の専用装備。重突撃機銃の改良型で、使用実包を新型に変更する事で威力はそのままに小口径化を果たし、携行弾数の増加に成功している。バレル下部に重斬刀を装着する事で銃剣として使用する事が可能になっている。
MA-M3 重斬刀
本機に装備された実体剣で、高い切断力を誇る。MAは勿論、MS相手でも有効。

対決・名場面

関連機体

ジン
原型機。
ジンハイマニューバ2型
後継機。
ミーティア
推進器はジンハイマニューバの物をプロトタイプとしている。

商品情報

ガンプラ

資料リンク

リンク