2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

テスタメントガンダム

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ZGMF-X12A(RGX-00) テスタメントガンダム(Testament Gundam)

概要

ザフト軍が開発した試作型モビルスーツ。機体名称の「テスタメント」とは「神と人の誓約」の意を持つ。ここでの「神」とはコーディネイターを意味し、「人」とはナチュラルを意味している。
地球連合軍ストライクガンダム等に搭載されているストライカーパックシステムをザフトが研究し開発し、その試験検証を踏まえて開発された。ストライカーは開発されていないが、戦場で連合の中域用エールストライカーやソードストライカーを装備している。また、ユニウス条約締結前に開発された機体であるため動力には核エンジンが採用されている。本機のデータは後のヴィザードシステムシルエットシステムの技術的な礎となっている。
リジェネレイトと共にジェネシスα内のファクトリーでロールアウトされたが地球連合軍の特殊情報部隊に強奪され、RGX-00の型式番号が与えられると共に改修が施された。フェイズシフト装甲ヴァリアブルフェイズシフト装甲に改良され装甲の色も白から赤に変化するようになった。また、専用ストライカーである「ディバインストライカー」が開発された。このストライカーはヴァリアブルフェイズシフト装甲製であり可変することで飛行形態やクローに変形する。さらに特殊装備である量子コンピュータウイルス送信システムが装備されている。
カイト・マディガンの手に渡った後はヴァリアブルフェイズシフト装甲に調整が加えられ白い十字架が表れるようになった。

登場作品と操縦者

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY

装備・機能

特殊機能

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。
換装
各種ストライカーパックを装備可能。
ニュートロンジャマーキャンセラー
ニュートロンジャマーを無効化する装置。
量子コンピュータウイルス送信システム
連合軍によって追加された特殊装備。頭部のブレードアンテナがウイルスの発振器として機能する。コロイド粒子を媒体として対象の量子コンピュータにウイルスを送信することで対象を掌握することが可能。さらに映像や音声をウイルスが改変して偽装情報を送り込む追加機能を持ち、対象の光学カメラから自機の存在を消し去る事すら可能である。この装備の元となった物はゲルフィニートに搭載されているシステムである。
アッシュがウイルスを暴走させて壊してしまったためカイトの物になった後は使用不可能となっている。

武装・必殺攻撃

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
左胸部に内蔵されている機関砲。連合製の装備であるため改修時に追加された物と思われる。
ビームサーベル
両腰部に2基装備されている。形状はプロトアストレイが装備している武装に似ている。
攻盾システム「トリケロス改」
連合軍がディバインストライカーと共に追加した複合武装。ブリッツガンダムのトリケロスを発展させた武装で、ヴァリアブルフェイズシフト装甲製である。巨大なクローの掌底部にビーム砲が内蔵されており、甲には実体剣が収納されている。シールド部分は展開することが可能になり防御面積が広がる。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天にも同名の武装があるが、あちらはブリッツの物の改造品で別物である。
ハンドガン
トリケロス改の裏面に2丁装備している実弾銃。小型で取り回しが良く近接戦闘で使用される。カイトは1丁を専用の複合銃に交換している。
マディガン専用複合銃
カイトが愛用している射撃武装。ビームと実弾の切り替えが可能であり、銃身にはブレードが装備されている。

対決・名場面

関連機体

ガンダムアストレイ アウトフレーム
本機の予備パーツから製造された機体。
リジェネレイト
姉妹機。

商品情報

リンク