「ディエス・ロビン」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
56行目: 56行目:
 
;[[ゼフテラ・ベルク]]
 
;[[ゼフテラ・ベルク]]
 
:
 
:
 
+
;[[フレスベルク隊]]
 +
:
 
=== [[ネオ・ジオン]]残党軍 ([[袖付き]]) ===
 
=== [[ネオ・ジオン]]残党軍 ([[袖付き]]) ===
 
;[[アヴリル・ゼック]]
 
;[[アヴリル・ゼック]]

2020年1月12日 (日) 08:52時点における最新版

ディエス・ロビン
外国語表記 Dies Robin
登場作品
テンプレートを表示
プロフィール
本名 ドナ・スター
種族 人間 (アースノイド)
性別
年齢 33歳
職業 MSパイロット
整備士 (トリントン基地)
所属組織 ティターンズ地球連邦軍
所属基地 トリントン基地 (連邦軍所属時)
階級 中尉 (ティターンズ所属時)
主な搭乗機 バイアラン・カスタム
バイアラン
テンプレートを表示

概要 [編集]

地球連邦軍の僻地と称されるトリントン基地に勤務する整備士。寡黙な性格だが、基地内では当時人気を集めていた「MS単独滞空能力向上計画」の提唱者兼メインスタッフとして有名。テストパイロットに抜擢されたビア・キャトリエムとよく一緒にいる。

その正体は元ティターンズのパイロット、『ドナ・スター』であり、グリプス戦役の最中にテロに晒された連邦軍高官を命令違反を犯して自ら救った過去を持つ。しかし、ティターンズにおいては明らかな違反行為とされたため、当時からの上官、ゼフテラ・ベルク中佐の計らいで戦死扱いとなった。

U.C0096年、シャンブロを主力としたジオン残党軍の基地襲撃に伴い、一足先に完成していたバイアラン・カスタムで出撃。敵対戦力の多くを撃退した。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムUC (アニメ版)
episode 5に無名のバイアラン・カスタムパイロットが登場。これを基に、後の『星月の欠片』で「ディエス・ロビン」としての人物像が設定された。
機動戦士ガンダムUC 星月の欠片
初登場作品。第3話に登場し、バイアラン・カスタム完成とロールアウトに至るまでの流れが描かれた。
機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う
『星月の欠片』での戦いの後も引き続きバイアラン・カスタムに搭乗し、完成した2号機と共にジオン残党軍と共闘する様子が描かれた。
機動戦士ガンダムU.C.0094 アクロス・ザ・スカイ
ディエスがバイアラン・カスタム開発に必要なティターンズ機を入手する過程が描かれた。
デビルズ・ネストフレスベルク隊とティターンズMS部隊が交戦している間に同施設に潜入し、バイアランを奪取。そのまま戦闘に介入しフレスベルク隊を援護している。このバイアランが後にカスタムのベースとなった。

人間関係[編集]

地球連邦軍[編集]

ビア・キャトリエム
ゼフテラ・ベルク
フレスベルク隊

ネオ・ジオン残党軍 (袖付き)[編集]

アヴリル・ゼック

名台詞[編集]

搭乗機体[編集]

バイアラン・カスタム (1号機)
『星月の欠片』や『機付長』で搭乗。
バイアラン
ティターンズ時代の搭乗機。既に連邦軍兵士となった『アクロス・ザ・スカイ』においても再び搭乗する事になる。
ファンファン
『アクロス・ザ・スカイ』でデビルズ・ネストへ移動する際に搭乗。

商品情報[編集]

漫画 [編集]

リンク[編集]