2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ハイザック

提供: ガンダムWiki
2018年9月14日 (金) 20:28時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

RMS-106 ハイザック(Hi-Zack)[編集]

概要[編集]

地球連邦軍がジオン公国軍から接収したザクIIF2型を参考にして開発した量産型モビルスーツ。敵味方への心理的な影響を実証するため外見上はザク系統に近い意匠を持っているが、厳密にはジムの技術をも組み込んだハイブリッド機と言うべきものであり、デラーズ紛争後の次期主力機として大量生産されている。しかし連邦系・ジオン系の技術的に異なる動力系統を併用した結果エネルギー供給系は不十分なものとなってしまい、ビーム兵器を2つ以上同時に携行できない。しかし装甲材の軽量化や燃料搭載搭載量の増加、スラスター推力の上昇によって機動性が上がったほか、生産性や操縦性も高い。

カラーリングは所属組織などによってまちまちだが、最もザクIIに似た(=ジオン残党軍にとって心理的効果が大きい)緑系統と連邦軍・ティターンズの双方で使用された青系統が多い。

また、本機は全天周囲モニター・リニアシートを導入した初の量産機であり、アナハイム・エレクトロニクス社が最初に製造した量産機でもある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
ジェリド・メサカクリコン・カクーラーを初めとした多くのパイロットに使用され、主力機の座はマラサイバーザムに移行していくもののグリプス戦役全般で活躍した。優先的に配備されたティターンズや地球連邦軍の他、ティターンズ傘下となったジオン共和国軍でも運用されている。
機動戦士ガンダムΖΖ
ネオ・ジオンがティターンズ所属機を鹵獲・運用している。
機動戦士ガンダムUC(小説版)
ジオン共和国軍所属機が登場。グリプス戦役期とは異なりジオン・カラーへの塗装が禁止されたため白ベースの塗装になっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ザク・マシンガン改
ジオン公国軍で運用されていたザク・マシンガンの改良型である120mmマシンガン。連邦規格のセンサーで命中精度が向上している。
ビーム・ライフル
エネルギーパック方式の携行兵装で、マラサイの物と同型。ビーム・サーベルとの選択式。
ヒート・ホーク
接近戦用のヒート兵器。ザクIIの物に比べブレード部が大型化している。
ビーム・サーベル
ビーム・ライフルとの選択式。
3連装ミサイル・ポッド
オプションとしてリアスカートのビーム・サーベル用ホルダーに2基増設可能。ザク・マシンガン改+ビーム・サーベル装備時の火力不足を補う意図があるとされる。
シールド
右肩に固定されている。
オプション・シールド
左腕部ラッチに接続される携行型のシールド。連邦軍で普及しているシールドと同様、十字マークが入っているため、所属の識別に有効である。シールド裏にビーム・ライフルの予備エネルギーパックを2基格納できる。
大型メガ・ランチャー
長距離砲撃用の大型メガ粒子砲。ジェネレーターが出力不足のため2機で運用する(1機が射手を担当。もう1機はエネルギータンクを担う)。
レーザートーチ
溶接用のトーチ。『Ζ』第29話でG3ガスボンベの溶接に使用している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクIIF2型
ベース機。
ハイザック先行量産型
先行量産機。
バイザックTR-2[ビグウィグ]
ビーム・キャノンユニットBL-85Xを組み合わせた機体。
マリン・ハイザック
水中用に改装した機体。連邦軍で運用されたザク・マリンタイプも同様の名称に変更されている。
ハイザック・キャノン
バックパックをキャノン・パックに換装した機体。
ハイザック[ケラウノス所属機]
ケラウノス所属機体。
ハイザック[アイリス]
頭部を正体不明の試作品に変更した機体。
ハイザック[エピデンドルム]
頭部をジム系の物に換装した機体。
ハイザック[ヴァナルガンド]
TRシリーズの新技術で改修した機体。
ハイザック・カスタム
ジェネレーターをAE社製の物に換装した機体。
アイザック
偵察用に改良した機体。
ホビー・ハイザック
民間用に払い下げられた機体。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]