バビ

提供: ガンダムWiki
2019年12月6日 (金) 22:12時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
バビ
外国語表記 BABI
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 空戦用可変モビルスーツ
型式番号 AMA-953
全高 19.84m
重量 65.75t
開発組織 ザフト
所属 ザフト
主なパイロット アスラン・ザラ(高山版漫画)
テンプレートを表示

概要 [編集]

ユニウス条約締結後にザフト軍がディンの後継機として開発した空戦用モビルスーツ。地上戦力の底上げを担う後方支援機としてC.E.73年に実戦投入された。

ディンの運用データを基に開発された機体で、脚部を背後に折り畳む事によるMA形態への簡易な可変機構により空戦能力が向上している。また、装甲の強化によりディンで問題視されていた対弾性の低さが改善されている他、ビーム兵器と大型ミサイルポッドの装備によりディンを上回る火力の搭載を実現している。

型式番号には新たなMSの分類として「Aerial Maneuver Attacker=(空中機動攻撃型)」が割り振られており、本機は次世代空戦仕様のメインラインとして考えられていたと推測される。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
初登場作品。ザフトの航空戦力として多数が投入されたが、やられ役としての登場がほとんどで大した戦果は挙げていない。オオワシアカツキがヤタノカガミを初使用したシーンで撃墜された機体として逆に印象に残りやすいかもしれない (宇宙におけるバンクシーンではガナーザクウォーリアに差し替えられている)。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY(漫画版)
原作と扱いはほとんど変わらないが、アスランが本機に一度だけ搭乗している。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
「天空の宣言」が行われた後、ザフト脱走兵が潜伏する町を攻撃する悪役ポジションとして登場。町もろとも抵抗分子を攻撃するが、町の人々を守るために現れたゴールドフレーム天ミナによって一掃された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルアーマー形態へ変形する。

武装・必殺攻撃[編集]

MGX-2237 アルドール複相ビーム砲
胸部に内蔵されたビーム砲。固定装備の為、射角はないに等しい。MA形態時における地上掃射等に使用する。
MMI-GAU2436 22.5mm4銃身機関砲
翼に装備された機関砲。
QFJ91 12連装航空ミサイルランチャー
翼に装備されたミサイルランチャー。
MA-M343 ビームライフル
右手に持っている武器。対フェイズシフト装甲用の装備。
MMI-M182 航空ガンランチャー
左手に持っている武器。こちらは実弾。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ディン
前世代機。
ハンブラビ / ガンダムエピオン
脚部を背部に折り畳む可変機構で共通している。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]