バロノーク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

艦籍番号不明 バロノーク(Varonok)

宇宙海賊ビシディアンが所有している戦艦。巨大な刀剣を思わせるシルエットを持つ。
本来は地球連邦軍A.G.110~120年代頃に建造した艦であり、当時の技術の粋を集めて建造された事もあって、同時期に運用されていたどの艦をも凌駕する高性能を誇る。

登場作品

機動戦士ガンダムAGE ~追憶のシド~
元連邦軍人だったキャプテン・アングラッソがビシディアン結成時に強奪。それ以降、彼らの母艦として運用される事となった。
機動戦士ガンダムAGE(第三部)
引き続きビシディアンの母艦として運用されている。キオを救出する為に火星圏まで向かっていキオを救出して地球圏に帰還している。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
引き続きビシディアンの母艦として運用されている。ラ・グラミス攻防戦では囮として破棄されたディーヴァのクルーを回収して、アッシュの許可の元、ディーヴァのクルーがブリッジを占拠してナトーラが指揮を執った。

装備・機能

特殊機能

見えざる傘
ヴェイガンが艦艇や移動要塞等に搭載しているステルスシステムで、非常に探知されにくい。
本艦に搭載されているのは敵艦の残骸から解析・復元したもの。

武装・必殺攻撃

主砲

対決・名場面

関連機体

ガンダムAGE-2 ダークハウンド
Gサイフォス
Gエグゼス ジャックエッジ
シャルドール ローグ
艦載機。
Gセプター
ガンダムAGE-3 ノーマル
Gセプターは火星圏に向かう時、AGE-3は地球圏に帰還する時に艦載していた。

商品情報

話題まとめ

資料リンク

リンク