ビギニング30ガンダム

提供: ガンダムWiki
2020年4月21日 (火) 22:46時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビギニング30ガンダム
外国語表記 BEGINNING 30 GUNDAM
登場作品 模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG
デザイナー 重田敦司
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ (ガンプラ)
型式番号 GPB-X80-30F
頭頂高 19.0m (ガンプラバトル仮想データ)
本体重量 57.1t (ガンプラバトル仮想データ)
装甲材質 プラスチック
ビルダー イレイ・ハル
主なパイロット イレイ・ハル
テンプレートを表示

概要[編集]

イレイ・ハルガンプラビギニングガンダムに多色成形のランナーパーツを組み込んだ機体で、強化タイプにして真の姿とも言える形態である。

これまでのガンダムシリーズには無い独自のシステムを利用した武装を搭載しており、その中でも特徴的なのは全身に追加されたifs(イフス)ユニットである。「ifs」とは「i-field control system」の略であるが、主に宇宙世紀作品に登場するIフィールドと同一の物かは分からないため、仮定を意味する「if」も名称に込められたダブルミーニングとなっている。

ifsユニットによりミノフスキー粒子の特性を利用した力場を形成し、これを自在にコントロールすることで攻防の両面で今までにない活用が可能となっている。武装は改修前と同様であるが、ifsユニットにより攻撃性能と防御性能が飛躍的に向上している。

登場作品と操縦者[編集]

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG
パーツC (第3話)で登場。バンダイホビーセンターから提供された強化パーツを改造に用いる事でビギニングガンダムからのパワーアップを果たした。ガンプラバトル選手権に参加した際には宿敵であるボリス・シャウアーフォーエバーガンダムと激闘を繰り広げながら、目に入った無数の選手をifsユニットで悉く撃破していくという見敵必殺の暴れぶりを見せている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ifs(イフス)ユニット
全身に装備されているユニット。通常時はビームや物理的な攻撃を弾くバリアとして機能する他、ビームの収束などに利用される。ユニットの一部は分離して遠隔操作が可能であり、味方を守るバリアを形成する。劇中ではシールドを失った後、腕部にフィールドシールドを形成している。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームバルカン
頭部のビームアンテナから発射されるビーム。通常の実弾バルカンに比べ威力が高い。
ビームライフル
ビギニングガンダムのビームライフルにifsユニットを組み込んだ武装。単純な威力が向上している他、巨大なビームサーベルのように収束させ薙ぎ払う攻撃が可能となっている。
ビームサーベル
背部左右3基ずつ、腰部に左右3基ずつ、シールド裏に3基の計15基装備されている近接武装。柄の両端に発振器が備わっており、ツインタイプとしても使用可能。ハルは3基を指の間に挟んで使用する。また、ファンネルのように遠隔操作が可能となっており、高速回転させて敵を切り裂く。
シールド
改修前と同様のシールド。ifsユニットにより防御性能が上がっているが、シールド自体はそのままのため強度を上回る物理攻撃には弱い。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ビギニングガンダム
原型機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]