ビグロ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MA-05 ビグロ(Bygro)

MIP社が開発したジオン公国軍の試作型モビルアーマー。宇宙用としては初の機体である。
モビルスーツと比べるとかなりの大きさだが、後部に熱核ロケットエンジンを2基搭載しているので機動性に優れている。これと高い火力を活かした一撃離脱戦法で真価を発揮するが、その際にパイロットにかかるGは尋常ではなく、耐性がなければ乗りこなす事は出来ない。
大型機故に白兵戦を挑まれるとほとんど手も足も出ないが、これについては高機動中の本機にMSで白兵戦を挑む事自体が不可能に近い為か、あまり問題視はされていないようである。また、1機あたりの製造コストも安くはなく、大量生産には向かない。

登場作品と操縦者

機動戦士ガンダム
主なパイロットはトクワン
ザンジバルから実戦テストを兼ねて出撃し、ホワイトベースのMS隊を手玉に取っていたが最後はアムロ・レイガンダムによって撃破された。
劇場版 機動戦士ガンダム
ア・バオア・クーにて少数が配備されているのが確認されている。
機動戦士ガンダム サンダーボルト
ア・バオア・クー防衛戦にて登場している。

装備・機能

武装・必殺攻撃

メガ粒子砲
機首部に1門内蔵。不使用時はカバーで隠されている。
4連装ミサイルランチャー
本体に2基内蔵しており、弾幕を張る事が出来る。
クローアーム
本体の左右に1基ずつ、計2基装備。機体の大きさに比例してかなりサイズが大きく、MSを捕獲出来る程。また、ルナ・チタニウム合金製のガンダム・シールドに穴を開けられるだけの威力を持つ。サンダーボルトに登場した機体には小型ビーム砲が内蔵されていた。

対決・名場面

関連機体

MIP-X1
ジオンのMAの原型機。
ビグロ (後期型)
後期生産型。
ビグロ改
強化改修した機体。
ビグロマイヤー
ビグロの強化型の一機。
ビグ・ラング
後期型を流用した大型モビルアーマー。
ビグ・ルフ
ビグロを強攻型に改修した機体。
ヴァル・ヴァロ
発展型として開発されていた機体。

商品情報

リンク