「フルアーマーガンダム 〜バラージュ ザ ヘッジホッグ〜」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「{{登場メカ概要 | 読み = <!-- 読み方が難しい場合に使用 --> | 外国語表記 = FULL ARMOR GUNDAM 〜BARRAGE THE HEDGEHOG〜 | 登場作品 = ガン…」)
 
 
31行目: 31行目:
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
== 登場作品と操縦者 ==
 
;[[ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL'S WORLD CHALLENGE]]
 
;[[ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL'S WORLD CHALLENGE]]
:Episode.6に登場。ダイバーは[[ユースケ]]
+
:Episode.6に登場。ダイバーは[[ユースケ]]。ゴールデン・ポリキャップを持つ[[ブイカーズ]]に挑戦状を送り、ラグランジュ・ポイント・ディメンションで対決。高い加速性で有効弾を与えさせずかつ相手の武装を破壊し、時間切れで完封勝利した。その後のリベンジマッチでは相手の新兵器「G.H.L-M.A.D GUN」の威力の前にプロペラントを使い尽くす程の接戦となり、最後は隠れ場所に使おうとしたシールドファンネルの陰に隠れていた[[ポリポッドボール]]にホールドアップされ敗北した。<br/>実際のガンプラの製作はGBWC2016世界大会での優勝経験を持つ横田ユースケ氏によるもので、製作前の仮名は「フルアーマーガンダム パルヴァライゼーション<ref>英語 (pulverization)で「粉砕」を意味する</ref>」。
  
 
== 装備・機能 ==
 
== 装備・機能 ==
76行目: 76行目:
 
;[[フルアーマー・ユニコーンガンダム]]
 
;[[フルアーマー・ユニコーンガンダム]]
 
:ビームガトリングガンと大型ブースターユニットが使用された。使用キットは「MG フルアーマーユニコーンガンダム Ver.Ka」。
 
:ビームガトリングガンと大型ブースターユニットが使用された。使用キットは「MG フルアーマーユニコーンガンダム Ver.Ka」。
<!-- == 余談 == -->
+
 
<!-- *説明 -->
+
== 余談 ==
<!-- == 商品情報 == -->
+
*機体名の「ザ」は横田ユースケ氏曰く、某有名ゲームの主役キャラクターを意識してつけたとの事。
 +
**[http://yokotay.blog.fc2.com/blog-entry-876.html 横田ユースケのガンプラ制作記:GBWC エピソード6公開!!]
 +
 
 +
== 商品情報 ==
 
<!-- === [[ガンプラ]] === -->
 
<!-- === [[ガンプラ]] === -->
 
<!-- === フィギュア === -->
 
<!-- === フィギュア === -->
 
<!-- <amazon>ASIN</amazon> -->
 
<!-- <amazon>ASIN</amazon> -->
 
<!-- ASINにはAmazonの商品ページに記載されている10桁の番号を入力してください。 -->
 
<!-- ASINにはAmazonの商品ページに記載されている10桁の番号を入力してください。 -->
 +
=== ムック ===
 +
<amazon>4049123789</amazon>
 +
 +
== 資料リンク ==
 +
*[http://yokotay.blog.fc2.com/blog-entry-893.html 横田ユースケのガンプラ制作記:FAガンダム バラージュ ザ ヘッジホッグ]
  
 
== リンク ==
 
== リンク ==
 
*[[登場メカ]]
 
*[[登場メカ]]
  
<!-- == 脚注 == -->
+
== 脚注 ==
<!-- <references /> -->
+
<references />
 
<!-- 本文には<ref>内容</ref>のかたちで挿入してください。 -->
 
<!-- 本文には<ref>内容</ref>のかたちで挿入してください。 -->
  

2020年8月1日 (土) 22:16時点における最新版

フルアーマーガンダム 〜バラージュ ザ ヘッジホッグ〜
外国語表記 FULL ARMOR GUNDAM 〜BARRAGE THE HEDGEHOG〜
登場作品 ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL'S WORLD CHALLENGE
製作 横田ユースケ
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ (ガンプラ)
装甲材質 プラスチック
ビルダー ユースケ
ダイバー ユースケ
テンプレートを表示

概要[編集]

ユースケフルアーマーガンダム (サンダーボルト版)をベースにビルドしたガンプラ。副題の「弾幕ハリネズミ」の名の通り非常に多くの火器を装備している。

凶暴な容姿の機体であるが、これはユースケが非常に心配性な小心者であるためである。「ファンネルが戦闘中に落とされないようにシールド裏に装備」「弾切れを起こさないようにありったけの弾を搭載」「燃料が尽きないように過剰に積載」「近接戦闘は相手との距離が近く恥ずかしいため近づかないで戦える武装を装備」など様々な考えの元改造したため、凶暴な容姿の機体として完成した。

バックパックはサイコ・ザクの物を使用しており、ここに武装の多くを装備している。バックパック上部右側にはガンダムヴァーチェのGNバズーカを装備し、左側にはセンサータンクを装備。サブアームにはIフィールドを搭載したシールドを装備。上部ロケットブースターには追加タンクとミサイルランチャー6基。大型ロケットブースターにはファンネルシールドを4基。下部ロケットブースターには94式ベースジャバーを元にしたブースターユニットが追加されている。また、機体内部のコア・ファイターとバックパックの一部が合体することでコア・ブースターになる。ビームサーベルは接近戦を想定していないためオミットされている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL'S WORLD CHALLENGE
Episode.6に登場。ダイバーはユースケ。ゴールデン・ポリキャップを持つブイカーズに挑戦状を送り、ラグランジュ・ポイント・ディメンションで対決。高い加速性で有効弾を与えさせずかつ相手の武装を破壊し、時間切れで完封勝利した。その後のリベンジマッチでは相手の新兵器「G.H.L-M.A.D GUN」の威力の前にプロペラントを使い尽くす程の接戦となり、最後は隠れ場所に使おうとしたシールドファンネルの陰に隠れていたポリポッドボールにホールドアップされ敗北した。
実際のガンプラの製作はGBWC2016世界大会での優勝経験を持つ横田ユースケ氏によるもので、製作前の仮名は「フルアーマーガンダム パルヴァライゼーション[1]」。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

コアブロックシステム
ベース機とは異なりコア・ファイターが搭載されている。

武装・必殺攻撃[編集]

2連装ビームライフル
右腕部に装備されている連装ビームライフル。ベース機と同様の武装。
ロケットランチャー
左腕部に5基装備されている。これもベース機と同様の武装。
増加装甲内ミサイル
全身の増加装甲内に搭載されているミサイル。
シールド
両腕部に2枚、サブアームに2枚、シールドファンネルに4枚の計8枚装備されているベース機と同様のシールド。サブアームの物にはIフィールドを追加している。
GNバズーカ
バックパック上部右側に装備されている大型ビーム砲。ガンダムヴァーチェの物を元に改造した武装で、レドームセンサーを追加している。
ミサイルランチャー
上部ロケットブースターに6基装備されている6連装ミサイルポッド。ベース機と同様の物。
シールドファンネル
大型ロケットブースターに4基装備されている遠隔操作武装。火器、推進器、シールドを組み合わせた武装で、2基がユニコーンガンダムのビームガトリングガン。もう2基がガンダムAGE-2 ダブルバレットのツインドッズライフルを装備している。
大型ビーム砲
ブースターユニット側面に2門装備しているビーム砲。ベース機が装備していた物。
ビームバルカン
ブースターユニットに2門内蔵されている小型ビーム砲。ガンダムAGE-2の物を使用している。
カーフミサイル
ブースターユニットに2基装備されているミサイル。これもガンダムAGE-2の物。
レールガン
作中で使用したがどのような装備かは不明。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

フルアーマーガンダム (サンダーボルト版)
ベース機。使用キットは「MG フルアーマー・ガンダム Ver.Ka」。
サイコ・ザク
バックパックが使用された。使用キットは「MG 高機動型ザク "サイコ・ザク" Ver.Ka」。
ガンダムヴァーチェ
GNバズーカが使用された。使用キットは「1/100 ガンダムヴァーチェ」。
ガンダムAGE-2 ダブルバレット
武装が使用された。使用キットは「MG ガンダムAGE-2 ダブルバレット」。
フルアーマー・ユニコーンガンダム
ビームガトリングガンと大型ブースターユニットが使用された。使用キットは「MG フルアーマーユニコーンガンダム Ver.Ka」。

余談[編集]

商品情報[編集]

ムック [編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 英語 (pulverization)で「粉砕」を意味する