プトレマイオス2改

提供: ガンダムWiki
2019年8月1日 (木) 13:37時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
プトレマイオス2改
外国語表記 Ptolemaios 2 Custom
登場作品 劇場版 機動戦士ガンダム00
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 多目的攻撃母艦
型式番号 CBS-742
全長 251m(ブースターを除く)
原型機 プトレマイオス2
改修 ソレスタルビーイング
所属 ソレスタルビーイング
指揮官 スメラギ・李・ノリエガ
主な搭乗員
【操舵士兼砲撃士】
ラッセ・アイオン
【戦況オペレーター】
フェルト・グレイス
ミレイナ・ヴァスティ
【総合整備士】
イアン・ヴァスティ
リンダ・ヴァスティ
テンプレートを表示

概要 [編集]

ソレスタルビーイングの多目的攻撃母艦。やはり愛称は「トレミー」である。

前大戦で損傷したプトレマイオス2を改修しており、トランザムシステムによる長距離航行を行う為の最適化技術が導入され、艦尾には大型ブースターが追加された。

支援機用だった第3カタパルトデッキはモビルスーツも発進可能なように拡張されている。

登場作品と操縦者[編集]

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
最終決戦後も引き続きソレスタルビーイングの旗艦として運用されており、戦術予報士のスメラギ・李・ノリエガが指揮を執っている。他にも戦況オペレーターのフェルト・グレイスミレイナ・ヴァスティ、操舵士兼砲撃士のラッセ・アイオンが乗り込んでおり、ELSと交戦。最終決戦前には総合整備士のイアン・ヴァスティと妻のリンダ・ヴァスティも乗艦した。
最終的には艦の70%以上がELSの侵食を受けるが、無事に全員生還する。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

GNフィールド
GN粒子で形成されるバリア。様々な攻撃を防ぐ事ができる。大気圏突入・離脱の際にも用いられる。
トランザムシステム(TRANS-AM)
オリジナルのGNドライヴのブラックボックス内に組み込まれていたシステム。GNコンデンサー内に蓄積している高濃度圧縮粒子を全面開放する事で性能を通常の3倍以上に引き上げるというもの。ただし、限界時間があるうえ、使用後はしばらく性能が大幅にダウンしてしまうという短所もある。本艦では搭載したガンダムのトランザムを起動させる事で、艦の速度を大幅に増大させる事が出来るようになっており、これを使う事で単独での大気圏離脱も可能となる。本艦のみでトランザムを使用する事も出来るが、持続時間は短め。
分離
大型ブースターを分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNキャノン
砲撃用の粒子ビーム砲。両舷カタパルト後部に大型の物を2門ずつ、艦体の両側面に小型の物を2門ずつの計8門が装備されている。
GNミサイル
艦体各部に多数装備されている実弾兵器。GN粒子弾以外にもスモーク弾を発射可能。
GNバルカン
艦首部に4門内蔵。
魚雷発射管
水中用の武装で、4門装備。

艦載機 [編集]

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プトレマイオス2
改修前。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]