「プラネイトディフェンサー」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集
7行目: 7行目:
 
『ガンダムW』の世界では「[[オールレンジ攻撃]]」の分類に入る。
 
『ガンダムW』の世界では「[[オールレンジ攻撃]]」の分類に入る。
  
[[モビルスーツ]]「[[メリクリウス]]」に採用され、その量産型[[ビルゴ]]や[[ビルゴII]]にも採用。その防御力は誰一人例外なく、苦戦を強いられるほどである。なにしろメリクリウスはウイングゼロのツインバスターライフルを凌ぎきっているのだから(ただし、勢いまでは殺せずコロニーの外壁に突っ込んだ)。なお、[[ガンダムデスサイズヘル]]及び[[ガンダムデスサイズヘルカスタム]]の防御システム「アクティヴクローク」はプラネイトディフェンサーの技術転用である。
+
[[モビルスーツ]]「[[メリクリウス]]」に採用され、その量産型[[ビルゴ]]や[[ビルゴII]]にも採用。その防御力は誰一人例外なく、苦戦を強いられるほどである。なにしろメリクリウスはウイングゼロのツインバスターライフルを凌ぎきっているのだから(ただし、勢いまでは殺せずコロニーの外壁に突っ込んだ)。なお、[[ガンダムデスサイズヘル]]及び[[ガンダムデスサイズヘル (EW版)|EW版]]の防御システム「アクティヴクローク」、[[メリクリウス・シュイヴァン]]や[[プロトタイプスコーピオ]]の「ディフェンサーネット」はプラネイトディフェンサーの技術転用である。
  
 
上記の通り、鉄壁とも言える防御力を誇る装備ではあるが、指向性を高めた一点集中タイプのレーザー兵器などはフィールドを貫通し、そのまま本体を攻撃できるため、決して無敵というわけではない。
 
上記の通り、鉄壁とも言える防御力を誇る装備ではあるが、指向性を高めた一点集中タイプのレーザー兵器などはフィールドを貫通し、そのまま本体を攻撃できるため、決して無敵というわけではない。

2020年1月13日 (月) 11:38時点における版

プラネイトディフェンサー(Planet Defenser)

新機動戦記ガンダムW』に登場する防御システム。

OZ」に拘束されたドクターJら5人の科学者が開発。複数のユニットで立体フィールドを形成し、ユニットから発生する電気フィールドで防御する。ユニットは円形をしており、ユニットの数が多いほど防御力も向上する。また、ユニットとの間に電気を発生させて攻撃兵器としても利用できる。

『ガンダムW』の世界では「オールレンジ攻撃」の分類に入る。

モビルスーツメリクリウス」に採用され、その量産型ビルゴビルゴIIにも採用。その防御力は誰一人例外なく、苦戦を強いられるほどである。なにしろメリクリウスはウイングゼロのツインバスターライフルを凌ぎきっているのだから(ただし、勢いまでは殺せずコロニーの外壁に突っ込んだ)。なお、ガンダムデスサイズヘル及びEW版の防御システム「アクティヴクローク」、メリクリウス・シュイヴァンプロトタイプスコーピオの「ディフェンサーネット」はプラネイトディフェンサーの技術転用である。

上記の通り、鉄壁とも言える防御力を誇る装備ではあるが、指向性を高めた一点集中タイプのレーザー兵器などはフィールドを貫通し、そのまま本体を攻撃できるため、決して無敵というわけではない。

登場作品

新機動戦記ガンダムW
新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT

関連用語

リンク