ヘイルバスターガンダム

提供: ガンダムWiki
2019年11月8日 (金) 07:45時点におけるB B (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘイルバスターガンダム
外国語表記 Hail Buster Gundam
登場作品 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
テンプレートを表示
スペック
分類 支援用試作型モビルスーツ
型式番号 LH-GAT-X103
全高 19.04m
重量 84.91t
主動力 バッテリー
装甲材質 フェイズシフト装甲
開発組織 ライブラリアン
所属 ライブラリアン ⇒ 未所属
主なパイロット フィーニス・ソキウス
テンプレートを表示

概要[編集]

ライブラリアンバスターガンダムを独自に改修・再設計した機体。型式番号の「LH」は「ライブラリアン・ヘイル」の略で、「ヘイル」は英語で「雹」という意味である。この名は全身から無数の砲弾を降らす姿から名付けられた。

頭部と胸部にセンサーが追加されており命中精度が向上している他、膝部に接地ユニットが追加されており片膝立ちでの命中精度も向上している。捕捉した敵機の情報はライブラリアンのデータバンクで瞬時に適合され、それによる最適な攻撃が可能である。また、ミラージュコロイドを搭載しており、情報を集めて攻撃する戦法を取ることができる。他のライブラリアンの機体と同じくストライカーパックシステムを搭載しており、本機は「バスターストライカー」を装備している。原型機と同様に350mmガンランチャーと94mm高エネルギー収束火線ライフルが装備されており、ストライカー中央ユニットには弾倉とビーム用のパワータンクが備わっている。この武装の連結機能はオミットされているとする資料もあるが、作中では連結している描写がある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フェイズシフト装甲
通電させる事で相転移する特殊な装甲で、物理攻撃を無効化する。通常はグレー一色だが、通電させると色が変化する。大気圏突入なども可能になるが、エネルギーを大量に消費する上、高出力のビーム兵器などには弱いという欠点もある。
ミラージュコロイド
可視光線を歪め、レーダー波を吸収するガス状物質。これを磁気で機体周囲に纏うことにより、視覚的および電波的にも自機の存在を隠匿する事が可能。ただし、展開中はPS装甲の併用が不可能という欠点があり、更にコロイド粒子を機体の周囲に電磁気で定着させているため、PS装甲同様に電力消費が著しい。
ストライカーパックシステム
各種ストライカーパックに換装可能。
分離
バスターストライカーを分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ヘイルバスター本体側[編集]

220mm径6連装ミサイルポッド
両肩に装備されたミサイルポッド。本機の白兵戦能力の低さをカバーする為に搭載された武装で、攻撃兵器としては充分な火力を持つものの、基本的に弾幕形成による敵の幻惑・撹乱やミサイル迎撃等、近接防御に使用される事が多い。
120mm径3連装対艦バルカン砲
両肩ミサイルポッドカバー裏に装備された大口径のバルカン砲。ランチャーストライカーに装備されていた120mm対艦バルカン砲を3連装に変えたもの。弾丸は両肩から供給される。

バスターストライカー側[編集]

350mmガンランチャー
バスターストライカーの左腰アーム側に接続される電磁レールガン。散弾による複数目標への攻撃等「面」の破壊に特化された武装。通常の質量弾頭の他にも、AP弾(徹甲弾)やHESH弾(粘着榴弾)等の各種特殊弾頭も射出可能。現実のガンランチャーは「ミサイルも発射できる大砲」なのだが、元々別の場所にミサイルポッドを装備している為かバスターがガンランチャーからミサイルを発射したことはない。左右を入れ替えることも可能。ストライカーから取り外して使用もできる。
94mm高エネルギー収束火線ライフル
バスターストライカーの右腰アームに接続される大型ビームライフル。他の系列機に比べ大口径、高出力を誇り、当時の戦艦の主砲をも上回る火力を持つ。これも左右を入れ替えることが可能で、取り外しても使用できる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バスターガンダム
ベース機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]