メビウス・ゼロ

提供: ガンダムWiki
2012年11月10日 (土) 14:34時点におけるM.T (トーク | 投稿記録)による版 (新規作成)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

TS-MA2mod.00 メビウス・ゼロ(Moebius Zero)[編集]

地球連合軍が開発したモビルアーマー。G兵器開発前の連合軍において、MSと対等に渡り合える数少ない機体の1つで、機動力とは別の方向性でMSに対して優位性を持たせる事でMAの弱点である旋回性能の低さをカバーしている。技術的にはメビウスの一世代前の機体で、方向転換は補助バーニアの噴射で行われる。機首部分は切り離し可能で、単独での大気圏降下も可能。特長として、本体に4基搭載された有線式ガンバレルがあり、本体から切り離して遠隔操作することでオールレンジ攻撃を行う事が可能となっている。また、ガンバレルのスラスターはそのまま、本体のブースターも兼ね、MS以上の加速性能を獲得している。しかし、ガンバレルを使いこなすには高い空間認識能力が必要で、軍内でその素質を有するパイロットは少なかった。その為、本機は少数生産されるに留まり、以後は量産機のメビウスの生産へと切り替えられた。

後に、オールレンジ攻撃の実用性を実証した連合軍は後継機のエグザスを開発している。また、他にも本機のストライカーパック版とでも言うべきガンバレルストライカーや、ザフト軍でも無線誘導式のドラグーン・システムを開発している。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED
グリマルディ戦線にて、3個小隊15機が投入されたが、エンデュミオン・クレーターの防衛線にて、ムウ・ラ・フラガ搭乗機のみを残し、壊滅。その戦闘で、彼はジンを5機撃墜という戦果を挙げたため、「エンデュミオンの鷹」と呼ばれるようになった。その後、G兵器のパイロットとなる新兵達を乗せた輸送艦の護衛としてヘリオポリスに向かい、そこで起こった戦闘に出撃。ジンを撃墜する戦果を挙げるが、ラウ・ル・クルーゼの搭乗するシグーと交戦。損傷しつつもアークエンジェルと合流する。ヘリオポリス脱出後に起こった戦闘では、アークエンジェルとストライクガンダムを囮に4機の敵G兵器を出し抜いて敵母艦ヴェサリウスを単独で強襲して損傷させ、さらにストライクの窮地を救った。その後もムウの技量もあり、敵G兵器を相手に互角に戦い、ストライクと共にアークエンジェルの守りの要として運用された。その後、アークエンジェルが地上に降下してからは、ムウは新たな乗機としてスカイグラスパーを受領したので、その後のメビウス・ゼロの所在は不明。
機動戦士ガンダムSEED(漫画版)
最終決戦時にムウがプロヴィデンスガンダムと交戦して中破したストライクから本機に乗り換え、有線式ガンバレルを使ってプロヴィデンスを拘束。自分ごとキラにプロヴィデンスを撃たせ、共に消滅した。
機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
機首部を切り離し、単独での大気圏突入が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

対装甲リニアガン
本体下部に1門装備された武装。対艦攻撃を想定した高出力タイプで、直撃すればナスカ級の装甲も貫く。
有線誘導式ガンバレル
本体に4基設置された特殊兵装。切り離して遠隔操作する事で、それぞれが全く別の動きを行う。これにより、本機のみでの包囲攻撃、または多数の敵機と渡り合う事を可能としている。内蔵された2門の機関砲の威力は高くないが、それらを熟練パイロットがフルに活用して集中砲火すれば、MSを充分に撃破する事が可能。しかし、実弾兵器であるため、PS装甲の前には無力である。

対決・名場面[編集]

シグー

関連機体[編集]

メビウス
エグザス
後継機。ビーム兵器の標準装備により、対MS戦もこなせるようになった。
ガンバレルダガー

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]