「ラストシューティング」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「== ラストシューティング (Last Shooting) == 『機動戦士ガンダム』第43話 (最終回)「脱出」におけるジオングに止めを刺した…」)
(相違点なし)

2019年9月12日 (木) 02:18時点における版

ラストシューティング (Last Shooting) 

機動戦士ガンダム』第43話 (最終回)「脱出」におけるジオングに止めを刺したガンダムの最後の攻撃およびポーズを指す。

頭部と左腕を失いながらも両足で力強く地面を踏みしめ、右腕のビーム・ライフルを天高く掲げたその姿は有終の美を飾るのに相応しく、ガンダムシリーズ屈指の名シーンとなっている。

初出である初代ガンダム以降の一部ガンダム作品を含め、様々な媒体でオマージュされている。

登場作品と使用場面

機動戦士ガンダム
上述のシーンで使用。ア・バオア・クー要塞内部に逃げ込んだジオング (頭部)を追うアムロは通路の先でジオングが待ち伏せている事を察知。自動操縦に切り替えられたガンダムは、通路を越えると共に頭上で待ち伏せていたジオングに向けてビーム・ライフルを発射。同時にビームを発射したジオングと相打ちとなり、右腕と右足を失って地面に伏した。
機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙
宣伝ポスターの1つにラストシューティングするガンダムが描かれている。予告映像および前述のポスターで初めて「Last Shooting」の名称が用いられた。
機動戦士ガンダムF90
第8話でガンダムF90 1号機が2号機 (OM仕様)に対して使用。この時、1号機は2号機によって頭部と左腕を破壊されており、対する2号機も1号機にトップアタックを仕掛けているため、『1st』のラストシューティングをほぼ再現する形となった。
機動戦士ガンダムUC (原作小説)
第10巻でユニコーンガンダム及びバンシィシナンジュに対して使用。ユニコーンのサイコミュ・ジャックにより金縛り状態にされたシナンジュの両脚を吹き飛ばた。シナンジュは暗黒の如きサイコ・フィールドを纏い、なおも抵抗しようとするも、ユニコーンのビームトンファーにより止めを刺された。カラーの挿絵が用意されており、『1st』に倣って、左腕を背後に回して隠している。

ガンダムシリーズ以外におけるオマージュ・パロディ 

ドリームキャスト用ソフト『超鋼戦紀キカイオー』
登場メカの1つ「ディクセン」のファイナルアタック(必殺技)「ファイナルシュート」として実装されており、頭部と左腕が隠れるようにカメラアングルが調整されている。なおこのゲーム、赤い人のパロディキャラが中の人込みで出ていたりする。
銀魂
アニメ第236話に登場したガンダ…もとい頑侍が使用。ご丁寧に頭部と左腕が破壊されている。
スーパーロボット大戦 (Zシリーズなど)
νガンダムの必殺技「フル・オールレンジ・アタック」の〆として用いられている。

余談 

  • 右腕を真上に掲げるラストシューティングだが、キットで再現しようとするとショルダーアーマーが腕の可動に干渉するため、ショルダーアーマーを削る等の改造抜きでの完全再現はほぼ不可能となっている。擬似的に再現を試みた例はいくつか存在しており、『センチネル0079』の展開式ショルダーアーマー、ガンプラや可動フィギュアなどの上下可動式肩関節などがある。
  • PS2用ソフト『機動戦士ガンダム 一年戦争』のフリーモードでは数種類のエクストラ機体が使用可能。そのため、ジムフルアーマーガンダム、果てはアレックスのラストシューティングを拝むことができる。
  • 2009年にお台場「潮風公園」、2012年に「ダイバーシティ東京プラザ」に展示されていた実物大ガンダム立像は解体の際、頭部と左腕(左肩も含めて)から先に取り外されており、ラストシューティング時のガンダムをほぼ再現していた。

商品情報

フィギュア 

リンク