南極条約

提供: ガンダムWiki
2020年8月3日 (月) 21:32時点におけるTomo (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

南極条約(Antarctic Treaty)[編集]

宇宙世紀0079年1月31日に地球連邦政府ジオン公国の間で結ばれた戦時条約。名称は条約が締結された南極に由来する。

当初は一週間戦争からルウム戦役の快進撃を背景にジオンが連邦に持ちかけた休戦条約であった。その実態はジオン優勢の降伏勧告であり、連邦側もそれを飲まざるを得ない状況にまで追い込まれていたが、ルウム戦役でジオン側の捕虜になったレビル将軍が連邦特殊部隊の手によって救出され、全地球規模で「ジオンに兵無し」の演説を行った事でジオンの内情を暴露し、ジオンとの徹底抗戦を主張。この演説によりジオン側は休戦条約を取り下げ、戦時条約へと変更される事になった。

NBC兵器および大質量兵器の使用禁止[1]グラナダを除く月面都市やサイド6など中立地帯の承認、捕虜の取扱いなどが定められている。しかし、条約締結が成された後もオデッサ作戦におけるマ・クベによる水爆の使用、両軍によるサイド6への研究・開発機関の設立、捕虜の虐待や殺害など、遵守されないケースも目立った。

あくまで一年戦争中の戦時条約である為、戦争が終結した0080年1月1日にその効力は失効しているが、後に勃発した諸紛争においてもその基本概念は受け継がれており、地球圏における戦闘中のタブーとして不文律的に扱われている。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム
第16話で言及されたのがホワイトベースの捕虜となったコズン・グラハムブライト・ノアとの会話で言及されたのが初出。マ・クベがオデッサ作戦で水爆ミサイルを使用しているが、これが条約違反に当たる。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN
条約締結とその裏で行われたレビル救出劇が描かれている。戦争の継続を望むキシリア・ザビと早期終結を望むデギン・ソド・ザビがそれぞれ裏から手を回したとされる。なお、レビル救出作戦の際、連邦とジオンのパイプ役となったのがエルランである。
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
核搭載型MSであるガンダム試作2号機をしてエギーユ・デラーズが南極条約違反であると非難。ただし、デラーズは「連邦と停戦を行ったのはジオン公国ではなくその志を継がないジオン共和国であり、戦争は継続している」と主張しており、連邦側は既に戦争は終結している物と認識している為、それぞれの主張に食い違いが見受けられる。
機動戦士クロスボーン・ガンダム
クラックス・ドゥガチの核攻撃に対して連邦軍司令官が南極条約違反を主張する。しかし、ドゥガチは地球の取り決めなど知らぬと一蹴した。

関連用語[編集]

地球連邦政府
地球連邦軍
ジオン公国
ジオン軍
核ミサイル
ガンダム試作2号機

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 毒ガスや核によるコロニーへの攻撃及びコロニー落としへの対応の為。