2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

「機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索
(機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122(Mobile Suit Gundam F91 Formula Report 0122))
6行目: 6行目:
 
『[[機動戦士ガンダムF90]]』と『[[機動戦士ガンダムF91]]』の間のストーリーで、[[宇宙世紀]]0122年が舞台。
 
『[[機動戦士ガンダムF90]]』と『[[機動戦士ガンダムF91]]』の間のストーリーで、[[宇宙世紀]]0122年が舞台。
  
『F91』公開から4か月後に発売され、ゲーム版『F91』と呼称される場合も多いが、本作は『F91』の1年前。この時点で[[シーブック・アノー]]などと言ったキャラクターはまだ登場しないが、同作に『F91』の黒幕である[[カロッゾ・ロナ]]が登場している。
+
『F91』公開から4か月後に発売され、ゲーム版『F91』と呼称される場合も多いが、本作は『F91』の1年前にあたる前日譚となっている。</br >この時点で[[シーブック・アノー]]などと言ったキャラクターはまだ登場しないが、同作に『F91』の黒幕である[[カロッゾ・ロナ]]が登場している。
  
 
なお、同作のCMナレーションには[[シャア・アズナブル]]役の池田秀一氏が務めた。
 
なお、同作のCMナレーションには[[シャア・アズナブル]]役の池田秀一氏が務めた。
  
ガンダムの正史としての位置付けは非映像作品=非公式の部類に当たるが、映像作品へと直接繋がる物語であり、「SDガンダム G GENERATION」シリーズにもRFシリーズやグランザムといったMSは登場するため準公式的な扱いとも言える。ただし[[ベルフ・スクレット]]等のパイロットは登場しないという中途半端な扱いにもなっており、厳密な立ち位置は不明瞭である。
+
ガンダムの正史としての位置付けは非映像作品=非公式の部類に当たるが、映像作品の『F91』へと直接繋がる物語であり、「SDガンダム G GENERATION」シリーズにもRFシリーズやグランザムといったMSは登場するため準公式的な扱いとも言える。ただし[[ベルフ・スクレット]]等のパイロットは登場しないという中途半端な扱いにもなっており、厳密な立ち位置は不明瞭である。
 +
 
 +
=== ゲームシステム ===
 +
本作ではフィールド上の機体を交互に操作してユニットを移動させるシミュレーションゲーム部分と、それらのユニットが接触した際に発生するアクションゲーム部分で構成されている。
 +
シミュレーションゲーム部分で戦場を移動し、アクションゲーム部分で敵を撃墜することを繰り返してフィールド上から敵ユニットを全滅させることで進行する。</br >プレイヤーの機体には耐久値と燃料が設定されており、どちらかが0になることで「撃墜」または「燃料切れ」となってゲームオーバーになってしまう。また、フィールドには母艦や味方機も配置されており、これらの撃破・全滅でもゲームオーバーになるため、プレイヤーは味方の動向にも注意しなければならない。
 +
アクションゲーム部分では敵をレーダーを頼りに発見し、視界(ゲーム内ではVゾーンと呼称されている)に捉えて攻撃を行う。</br >敵を複数巻き込んで攻撃することも可能で、その場合は1回のエネルギーで行えるため無駄が少なくなるが、敵をVゾーンに捉えている間は敵も攻撃を行ってくるためダメージを受けるリスクを負うことにもなる。</br >また、敵との距離によって有効な武装がそれぞれ設定されており、非適正の武器では命中率が下がってしまう。そのためプレイヤーは距離や武装によって攻撃の有無や武装の変更など瞬時の判断が求められる。</br >プレイヤーが忙しく操作しているあいだは画面はあまり動かず、プレイヤーが操作できないあいだは書き込まれたドット絵のリアルな機体が目まぐるしく動き回る「静と動」の対比が非常に秀逸で、シンプルながらも非常に奥深い作りになっている。特に、ゲームに習熟していくことで一度に数体の敵を撃破するなどの高難易度のスーパープレイも可能になっていくことから根強いファンのいる「知る人ぞ知る」名作。</br >当時としてはデフォルメされた、いわゆる「SDガンダム」が主流であったが、リアル頭身の機体がスピード感ある描写で戦うというのは珍しい部類に入る。
  
 
== ストーリー ==
 
== ストーリー ==

2018年2月17日 (土) 18:36時点における版

機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122(Mobile Suit Gundam F91 Formula Report 0122)

  • 1991年7月6日スーパーファミコンで発売。

概要

機動戦士ガンダムF90』と『機動戦士ガンダムF91』の間のストーリーで、宇宙世紀0122年が舞台。

『F91』公開から4か月後に発売され、ゲーム版『F91』と呼称される場合も多いが、本作は『F91』の1年前にあたる前日譚となっている。
この時点でシーブック・アノーなどと言ったキャラクターはまだ登場しないが、同作に『F91』の黒幕であるカロッゾ・ロナが登場している。

なお、同作のCMナレーションにはシャア・アズナブル役の池田秀一氏が務めた。

ガンダムの正史としての位置付けは非映像作品=非公式の部類に当たるが、映像作品の『F91』へと直接繋がる物語であり、「SDガンダム G GENERATION」シリーズにもRFシリーズやグランザムといったMSは登場するため準公式的な扱いとも言える。ただしベルフ・スクレット等のパイロットは登場しないという中途半端な扱いにもなっており、厳密な立ち位置は不明瞭である。

ゲームシステム

本作ではフィールド上の機体を交互に操作してユニットを移動させるシミュレーションゲーム部分と、それらのユニットが接触した際に発生するアクションゲーム部分で構成されている。 シミュレーションゲーム部分で戦場を移動し、アクションゲーム部分で敵を撃墜することを繰り返してフィールド上から敵ユニットを全滅させることで進行する。
プレイヤーの機体には耐久値と燃料が設定されており、どちらかが0になることで「撃墜」または「燃料切れ」となってゲームオーバーになってしまう。また、フィールドには母艦や味方機も配置されており、これらの撃破・全滅でもゲームオーバーになるため、プレイヤーは味方の動向にも注意しなければならない。 アクションゲーム部分では敵をレーダーを頼りに発見し、視界(ゲーム内ではVゾーンと呼称されている)に捉えて攻撃を行う。
敵を複数巻き込んで攻撃することも可能で、その場合は1回のエネルギーで行えるため無駄が少なくなるが、敵をVゾーンに捉えている間は敵も攻撃を行ってくるためダメージを受けるリスクを負うことにもなる。
また、敵との距離によって有効な武装がそれぞれ設定されており、非適正の武器では命中率が下がってしまう。そのためプレイヤーは距離や武装によって攻撃の有無や武装の変更など瞬時の判断が求められる。
プレイヤーが忙しく操作しているあいだは画面はあまり動かず、プレイヤーが操作できないあいだは書き込まれたドット絵のリアルな機体が目まぐるしく動き回る「静と動」の対比が非常に秀逸で、シンプルながらも非常に奥深い作りになっている。特に、ゲームに習熟していくことで一度に数体の敵を撃破するなどの高難易度のスーパープレイも可能になっていくことから根強いファンのいる「知る人ぞ知る」名作。
当時としてはデフォルメされた、いわゆる「SDガンダム」が主流であったが、リアル頭身の機体がスピード感ある描写で戦うというのは珍しい部類に入る。

ストーリー

登場人物

地球連邦軍

ベルフ・スクレット
アンナフェル・マーモセット
アルベルト・エア
エリナ・ビアック
ワイブル・ガードナー
アリーナ・ベズロー
ブラウン・ウッダー
ワイルダー・カッツ
レイラ・ビアス
テルスト

オールズモビル

シャルル・ロウチェスター
ケザン

クロスボーン・バンガード

鉄仮面
シャトレイ
デハーヨ

登場メカ

地球連邦軍

モビルスーツ

ガンダムF90
ガンダムF90A
ガンダムF90D
ガンダムF90P
ガンダムF90V
ガンダムF91
ジェガン
ヘビーガン
Gキャノン

艦船

エイブラム
ガーウィッシュ

オールズモビル

モビルスーツ・モビルアーマー

RFザク
RFグフ
RFドム
RFデザートドム
RFスノードム
RFズゴック
RFゲルググ
シャルル専用ゲルググ
グランザム

クロスボーン・バンガード

モビルスーツ

デナン・ゾン
デナン・ゲー
ベルガ・ダラス

メモ

商品情報

話題まとめ

資料リンク

リンク