機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人

提供: ガンダムWiki
2019年5月4日 (土) 00:46時点におけるWOLF (トーク | 投稿記録)による版 (修正)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダムの続編。

長谷川裕一

あらすじ[編集]

木星戦役から3年後の宇宙世紀0136年。ブラックロー運送を営む傍らで、クロスボーン・バンガードとしてコロニー間の紛争等に介入してきたトビア達。

そんな時、トビアは木星軍残党に追われていたエウロペという妙齢の美女を保護する。彼女はクラックス・ドゥガチの後妻にして、ベルナデットの養母でもある女性だった。エウロペの口から、木星帝国は彼女の弟達である新総統光のカリスト・影のカリスト兄弟のもと軍備を立て直し、木星圏から地球への超長距離コロニーレーザー攻撃計画「神(ゼウス)の雷計画」を発動していることが告げられる。

しかし、エウロペが地球圏に到達した時点で、コロニーレーザー「シンヴァツ」の第一射予定時刻までは2週間の猶予しか残されていなかった。通常の航法では地球から木星までは3か月以上を要し、既に地球圏から大軍を木星圏に送り込む時間はない。トビア達は限られた時間の中で、シンヴァツ発射前に木星圏に到達する手段の確保と、少数精鋭の部隊で破壊工作を行うための7名の優秀なパイロットの確保という、2つの課題に直面することとなる。

登場人物[編集]

トビア・アロナクス
ベルナデット・ブリエット
エウロペ・ドゥガチ
ギリ・ガデューカ・アスピス
バーンズ・ガーンズバック
ローズマリー・ラズベリー
ミノル・スズキ
ミッチェル・ドレック・ナー
ハリソン・マディン
影のカリスト
光のカリスト

登場メカ[編集]

クロスボーン・ガンダムX1改・改
クロスボーン・ガンダムX1パッチワーク
クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
フリント
ガンダムF90Iタイプ (木星決戦仕様)
ビギナ・ギナII (木星決戦仕様)
バーラ・トトゥガ
アラナ・アビジョ
ノッセル
スピードキング
量産型クァバーゼ
アマクサ
エルコプテ
コルニグス
インプルース・コルニグス
ディキトゥス

用語[編集]

「神の雷」計画

メモ[編集]

書誌情報[編集]

角川コミックス・エース

鋼鉄の7人 1[編集]

宇宙海賊VS木星帝国軍の最終決戦勃発!! 宇宙世紀136年。トビアたちクロスボーン・バンガードは、木星帝国軍新総統カリストが企てる「神の雷計画」を阻止すべく立ち上がった。一行は2週間で木星へ辿り着くための術を求め、月のサナリィへと向かうが…。

鋼鉄の7人 2[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]