「袖付き」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
2行目: 2行目:
 
シャアの反乱([[第二次ネオ・ジオン抗争]])後に形成された[[ネオ・ジオン]]の残党組織。所属MSに襟や袖を模した装飾が施されているため、連邦側から「袖付き」という俗称で呼ばれている<ref>この俗称は蔑称として呼ばれ始めたものだったが、袖付きに合流していない残党部隊からは羨望の意味も含めて「袖付き」と呼ばれるケースもあった。</ref>。[[アクシズ]]落としが失敗し、総帥[[シャア・アズナブル]]が行方不明となったことで求心力を失った各勢力を「シャアの再来」と呼ばれる[[フル・フロンタル]]が纏め上げて成立した組織である。
 
シャアの反乱([[第二次ネオ・ジオン抗争]])後に形成された[[ネオ・ジオン]]の残党組織。所属MSに襟や袖を模した装飾が施されているため、連邦側から「袖付き」という俗称で呼ばれている<ref>この俗称は蔑称として呼ばれ始めたものだったが、袖付きに合流していない残党部隊からは羨望の意味も含めて「袖付き」と呼ばれるケースもあった。</ref>。[[アクシズ]]落としが失敗し、総帥[[シャア・アズナブル]]が行方不明となったことで求心力を失った各勢力を「シャアの再来」と呼ばれる[[フル・フロンタル]]が纏め上げて成立した組織である。
  
その構成は新生ネオ・ジオンが中心であり、[[ミネバ・ラオ・ザビ]]を指導者に頂くことを条件に合流した旧ネオ・ジオン残党、フロンタルのカリスマ性に惹かれた若者による「親衛隊」や[[ジオン共和国]]内の「[[風の会]]」所属の部隊などからなる。また、志を同じくする地上の公国軍残党への支援も行っている。
+
その構成は新生ネオ・ジオンが中心であり、[[ミネバ・ラオ・ザビ]]を指導者に頂くことを条件に合流した旧ネオ・ジオン残党および旧公国軍残党、更にエグム等の反連邦組織や、フロンタルのカリスマ性に惹かれた若者による「親衛隊」や[[ジオン共和国]]内の「[[風の会]]」所属の部隊などからなる。また、志を同じくする地上の公国軍残党への支援も行っている。
  
様々なジオン系の武装勢力の寄せ集めであり、組織としての一体性に乏しく兵員の練度や装備の質も非常にバラつきが激しい<ref>古い物で[[ギガン]]や[[ゲルググ]]、新しい物で[[シナンジュ]]、[[クシャトリヤ]]等。また、MSに施された袖の装飾や[[ギラ・ズール]]のデザインなどは組織としての求心力・一体感を強める目的があった。</ref>。また法的にも実質的にも正規の軍組織ではなくテロリスト集団と見なされており、そ国際法の適用や戦時条約の締結は期待できず、袖付き側もある程度はそれを認めている。
+
様々なジオン系、反連邦の武装勢力の寄せ集めであり、組織としての一体性に乏しく兵員の練度や装備の質も非常にバラつきが激しい<ref>古い物で[[ギガン]]や[[ゲルググ]]、新しい物で[[シナンジュ]]、[[クシャトリヤ]]等。また、MSに施された袖の装飾や[[ギラ・ズール]]のデザインなどは組織としての求心力・一体感を強める目的があった。</ref>。法的にも実質的にも正規の軍組織ではなくテロリスト集団と見なされており、国際法の適用や戦時条約の締結は期待できず、もし拘束された場合捕虜ではなく、犯罪者扱いとなる可能性が高く、袖付き側もある程度はそれを認めている。
  
 
その台所事情から本来であれば組織としての体裁すらも怪しいが、当時のジオン系武装勢力としては最も影響力があり、連邦政府も当初は仮想敵としてその存在を半ば黙認していた。更に[[ダカール]]襲撃後は単なる残党組織ではなく明確なネオ・ジオンの系譜に連なる組織との見方が強まっており、彼らと連邦軍の一連の戦闘を「第三次ネオ・ジオン戦争」と認定する動きも出た程であった。
 
その台所事情から本来であれば組織としての体裁すらも怪しいが、当時のジオン系武装勢力としては最も影響力があり、連邦政府も当初は仮想敵としてその存在を半ば黙認していた。更に[[ダカール]]襲撃後は単なる残党組織ではなく明確なネオ・ジオンの系譜に連なる組織との見方が強まっており、彼らと連邦軍の一連の戦闘を「第三次ネオ・ジオン戦争」と認定する動きも出た程であった。
  
その目的は「[[サイド共栄圏]]」の実現とそれによるジオンの復権であり、首魁であるフロンタルもジオン共和国国防大臣[[モナハン・バハロ]]が用意した人工ニュータイプであった。[[ガランシェール隊]]による[[ビスト財団]]からの「[[ラプラスの箱]]」の譲渡交渉をきっかけとして歴史の表舞台に現れ、世界中を再び戦火に巻き込んでいくが、「箱」の鍵となる[[ユニコーンガンダム]]や[[ロンド・ベル]]をはじめとする地球連邦軍との戦闘を経て[[ミネバ・ラオ・ザビ]]とガランシェール隊は袖付きを離反。[[インダストリアル7]]における最終決戦によってフロンタルと戦力の大半を失ったことで壊滅した。
+
その目的は「[[サイド共栄圏]]」の実現とそれによるジオンの復権であり、首魁であるフロンタルもジオン共和国国防大臣[[モナハン・バハロ]]が用意した人工ニュータイプであった。[[ガランシェール隊]]による[[ビスト財団]]からの「[[ラプラスの箱]]」の譲渡交渉をきっかけとして歴史の表舞台に現れ、世界中を再び戦火に巻き込んでいくが、「箱」の鍵となる[[ユニコーンガンダム]]や[[ロンド・ベル]]をはじめとする地球連邦軍との戦闘を経て[[ミネバ・ラオ・ザビ]]とガランシェール隊は袖付きを離反。[[インダストリアル7]]における最終決戦によってフロンタルと親衛隊と大半の所属兵が戦死して、更にレウルーラやシナンジュを始めとした戦力の大半を失ったことで壊滅した。
  
 
== 登場作品 ==
 
== 登場作品 ==

2020年1月13日 (月) 12:49時点における最新版

袖付き(Sleeves)[編集]

シャアの反乱(第二次ネオ・ジオン抗争)後に形成されたネオ・ジオンの残党組織。所属MSに襟や袖を模した装飾が施されているため、連邦側から「袖付き」という俗称で呼ばれている[1]アクシズ落としが失敗し、総帥シャア・アズナブルが行方不明となったことで求心力を失った各勢力を「シャアの再来」と呼ばれるフル・フロンタルが纏め上げて成立した組織である。

その構成は新生ネオ・ジオンが中心であり、ミネバ・ラオ・ザビを指導者に頂くことを条件に合流した旧ネオ・ジオン残党および旧公国軍残党、更にエグム等の反連邦組織や、フロンタルのカリスマ性に惹かれた若者による「親衛隊」やジオン共和国内の「風の会」所属の部隊などからなる。また、志を同じくする地上の公国軍残党への支援も行っている。

様々なジオン系、反連邦の武装勢力の寄せ集めであり、組織としての一体性に乏しく兵員の練度や装備の質も非常にバラつきが激しい[2]。法的にも実質的にも正規の軍組織ではなくテロリスト集団と見なされており、国際法の適用や戦時条約の締結は期待できず、もし拘束された場合捕虜ではなく、犯罪者扱いとなる可能性が高く、袖付き側もある程度はそれを認めている。

その台所事情から本来であれば組織としての体裁すらも怪しいが、当時のジオン系武装勢力としては最も影響力があり、連邦政府も当初は仮想敵としてその存在を半ば黙認していた。更にダカール襲撃後は単なる残党組織ではなく明確なネオ・ジオンの系譜に連なる組織との見方が強まっており、彼らと連邦軍の一連の戦闘を「第三次ネオ・ジオン戦争」と認定する動きも出た程であった。

その目的は「サイド共栄圏」の実現とそれによるジオンの復権であり、首魁であるフロンタルもジオン共和国国防大臣モナハン・バハロが用意した人工ニュータイプであった。ガランシェール隊によるビスト財団からの「ラプラスの箱」の譲渡交渉をきっかけとして歴史の表舞台に現れ、世界中を再び戦火に巻き込んでいくが、「箱」の鍵となるユニコーンガンダムロンド・ベルをはじめとする地球連邦軍との戦闘を経てミネバ・ラオ・ザビとガランシェール隊は袖付きを離反。インダストリアル7における最終決戦によってフロンタルと親衛隊と大半の所属兵が戦死して、更にレウルーラやシナンジュを始めとした戦力の大半を失ったことで壊滅した。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムUC
フロンタル率いる敵役の組織として登場。ミネバとフロンタルの対立など、決して一枚岩とは言えない内情が描かれた。
機動戦士ガンダムNT
ゾルタン率いる敵役の組織として登場。
実際はジオン共和国軍の部隊が所属を明かされないよう、「袖付き」に偽装したものであり、組織としての「袖付き」は登場していない。

人物[編集]

主要人物 [編集]

オードリー・バーン(ミネバ・ラオ・ザビ
組織の最高指導者。あくまで形式上の指導者であるが、ラプラスの箱の開放に反対したことで表立って行動する事になる。
フル・フロンタル
シャアの再来とも呼ばれる実質的な指導者。宇宙を中心に地球を間引きした「サイド共栄圏構想」を掲げる。
ペペ・メンゲナン
パラオ総督。熱狂的ジオンシンパであり、先行投資の意味も含めて袖付きにパラオを提供した。
テニスン・バゲット
旧式装備ながら高い練度を誇る大規模艦隊、「テニスン艦隊」の司令。

フロンタル親衛隊[編集]

フロンタルのカリスマ性に惹かれた若者で構成され、新鋭機であるギラ・ズール (親衛隊仕様)が支給されている。

アンジェロ・ザウパー
親衛隊長。特にフロンタルに心酔している。
セルジ・ヘルファー
キュアロン・マスカ
レイル
ラッカー
親衛隊所属のMSパイロット。
ヒル・ドーソン
旗艦レウルーラの艦長。
ルガー・ルウ
漫画『アクロス・ザ・スカイ』に登場。リバウのパイロットを務める。
バト・パンセリノス
漫画『アクロス・ザ・スカイ』に登場。フロンタル専用ギラ・ドーガのパイロットを務める。
ゼクスト・アーデ
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。上司のアンジェロに強い忠誠心を持つ。

ガランシェール隊[編集]

偽装貨物船ガランシェールを母艦とする実働部隊。

スベロア・ジンネマン
ガランシェール隊隊長で、通称「キャプテン」。壮絶な過去と豊富な戦歴を持つ。
マリーダ・クルス
ジンネマンに保護されたプルシリーズの生き残り。ジンネマンとミネバに強く忠誠を誓う。
ギルボア・サント
操舵手兼MSパイロット。パラオに妻子を持つ。
フラスト・スコール
航行士。ギルボアと並ぶジンネマンの腹心の部下。
アレク
ギルボア戦死後の操舵手。
サボア
MSパイロット。最序盤のインダストリアル7での戦闘で戦死。
クワニ
アイバン
MSパイロット。
トムラ
メカニック。捕虜となったバナージとも気さくに接し、ユニコーンの整備も請け負う。

その他のMSパイロット[編集]

ザミュ・サミュ
パラオ所属の熟練パイロットの1人。ドライセンを愛機としていたが、パラオ攻防戦で殉職する。
ビランチャ・ベーア
パラオ所属の熟練パイロットの1人。ガルス系の専用機シュツルム・ガルスを駆る。
アヴリル・ゼック
袖付き所属のパイロットの1人。水中戦で好成績を収めており、ゼー・ズールのパイロットとなる。
ワークラッハ・バナム
袖付き所属のパイロットの1人。奪取したシナンジュ・スタインのテストを務めるが、インテンション・オートマチック・システムの暴走で友軍を手にかけてしまう。

技術者・機付長[編集]

マヌエラ
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。レウルーラで整備兵を務める。
ゴティ・ハヤミ
漫画『MSV 楔』に登場。シナンジュ・スタインの試験責任者。
スポッター・シス
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。フル・フロンタル親衛隊でMS整備兵を務める。
ペンプティ・ラス
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。MS整備兵を務める。
ジェトロ・ロイド
外伝『『袖付き』の機付長は詩詠う』に登場。パラオに駐屯するMS整備兵。

ジオン残党軍[編集]

カークスを中心とする地上のシンパ。地球に降下したガランシェール隊と協力する。

ヨンム・カークス
ダカール(アニメ版)、トリントンの襲撃を指揮した隊長。
ロニ・ガーベイ
カークスの下に身を寄せるニュータイプの少女。
マハディ・ガーベイ(ロニの父)
アッバス・ガーベイ(長男)
ワリード・ガーベイ(次男)
原作小説に登場するロニの家族。ともにシャンブロに搭乗する。
キャンドル
カークスの部下でザクキャノンのパイロット。漫画『バンデシネ』ではシンブ根拠地隊の隊長を務める。
ハビエール
『バンデシネ』に登場するマラサイのパイロット。

ジオン共和国 / ジオン共和国軍[編集]

右翼政治団体「風の会」が戦力として参加しており、袖付き壊滅後も一部構成員を迎え入れ、本組織に偽装した部隊を結成している。

ギリガン・ユースタス
「風の会」が掲げる思想に傾倒するMSパイロット。実戦経験は浅い。
モナハン・バハロ
ジオン共和国国防大臣。「サイド共栄圏構想」の発案者であり、裏で資金援助を行っている。袖付きの黒幕とも言える人物。
ゾルタン・アッカネン
ジオン共和国軍大尉。フロンタルと同様に「シャアの再来」として生み出されたものの、失敗作の各印を押されてしまった強化人間。
エリク・ユーゴ
ジオン共和国軍中尉。ゾルダンの監視役。

保有戦力 [編集]

袖付き[編集]

シナンジュ
ネオ・ジオング
クシャトリヤ
クシャトリヤ・ベッセルング
クシャトリヤ・リペアード
ギラ・ズール
ギラ・ズール (親衛隊仕様)
アンジェロ専用ギラ・ズール
ゼー・ズール
クラーケ・ズール
ローゼン・ズール
ギラ・ドーガ
フロンタル専用ギラ・ドーガ
ギラ・ドーガ重装型
アンジェロ専用ギラ・ドーガ
ドライセン
ガザC
ガザD
ガ・ゾウム
ズサ
バウ (袖付き仕様)
アイザック
シュツルム・ガルス
ドラッツェ
ギガン
作業用ザク
ゲルググ
ヤクト・ドーガ (袖付き仕様)
リゲルグ
マラサイ(バンデシネ)
ザクIII (袖付き仕様)
ドーベン・ウルフ (袖付き仕様)
ワークラッハ専用ドーベン・ウルフ
リバウ
ガランシェール
ブランダムール
レウルーラ
ムサカ
ムサイ
エンドラ

ジオン残党軍[編集]

シャンブロ
ザクI・スナイパータイプ (カークス機)
ザク・マリナー
ザクタンク
ザクキャノン
ディザート・ザク
ザクII改
グフ重装型
ガルスJ
ガルスK
マラサイ
ズゴック
カプール
ジュアッグ (残党軍機)
ゾゴック (残党軍機)
ドワッジ
ドム・トローペン
デザート・ゲルググ
イフリート・シュナイド
ガザC(外伝作品「袖付きの機長は詩詠う」に登場)
ズゴックE(外伝作品「袖付きの機長は詩詠う」に登場)
ド・ダイ
ドダイⅡ
ベースジャバー
ファット・アンクル改
ルッグン
グレイファントム級(航空不可能)

ジオン共和国軍[編集]

ハイザック
ハイザック・カスタム
シナンジュ・スタイン
ムサイ改級
グルトップ

関連施設[編集]

パラオ
本拠地。居住区や大規模な基地施設を持つ。

関連組織[編集]

地球連邦軍
敵対組織だが、軍の予算獲得を目的にあえてその存在を黙認。シナンジュ・スタインを譲渡するなどの裏工作も行っている。
ビスト財団
「箱」を巡る取引を目論むが、交渉は決裂。財団の主導権がマーサ・ビスト・カーバインに渡った事から対立関係となる。
ジオン軍ネオ・ジオン
母体組織。人員・装備の大半はこれら組織の再利用。
ジオン共和国
裏で援助を行っており、組織崩壊後も隠密行動の為に袖付きに偽装した部隊を編成している。
風の会
ジオン共和国の右翼政治団体。

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. この俗称は蔑称として呼ばれ始めたものだったが、袖付きに合流していない残党部隊からは羨望の意味も含めて「袖付き」と呼ばれるケースもあった。
  2. 古い物でギガンゲルググ、新しい物でシナンジュクシャトリヤ等。また、MSに施された袖の装飾やギラ・ズールのデザインなどは組織としての求心力・一体感を強める目的があった。