高機動型ゲルググ

提供: ガンダムWiki
2015年5月15日 (金) 00:55時点におけるエス氏 (トーク | 投稿記録)による版
Jump to navigation Jump to search

MS-14B 高機動型ゲルググ (GELGOOG High Maneuver Model)

ゲルググは、ジオン軍が一年戦争末期に、次世代における主力モビルスーツとなるべく想定して開発した機体であり、本機はその中において高機動パックを装備したバリエーション機。本体に装備された各種のスラスターと背部のランドセルの併用によって高い運動性を発揮する本機は、一年戦争時のジオン系量産機、そしてゲルググのバリエーション機としては最も高性能な部類に入る機体と思われる。
その多くは一年戦争末期にキシリア・ザビ直属のエリート部隊『キマイラ隊』に配備され、多くのエースパイロットに愛された。

登場作品と操縦者

ジョニー・ライデン機、ユーマ・ライトニング機をはじめとして、ゲルググキャノンとともにキマイラ隊に属する機体が登場している。
ジオン残党『インビジブルナイツ』のリーダー、エリク・ブランケの専用機として、デラーズ・フリートが譲渡している。本機はエリクのパーソナルカラーである紫に彩られ、ガンダム7号機と激戦を繰り広げた。
一年戦争で行方不明になっていたライデン機が、両腕を破壊された状態で保管されている。また、アナハイム・エレクトロニクスが0090年代の技術で再現した機体も登場している(操縦機構はアームレイカー式)。また、同じく行方不明となっていたユーマ機も連邦軍の技術で改修が施されている。
サイド4宙域を拠点に活動するジオン残党『ファラク』によって数機が幹部仕様機として運用されている。この部隊の機体は全身を白一色で統一し、その上から爬虫類の鱗を思わせる意匠を各所に施してある。このため、蛇を模した部隊のパーソナルマークも相俟って『白蛇』の仇名がつけられている。
主なパイロットは、同組織所属のマハガン・レズナーガルド・クレイズアズ・バレンの3名。

武装・必殺攻撃

  • ビーム・ナギナタ
ビームサーベルの原理を応用した近接戦用武装。ツインエミッター式を採用しており、発振器本体の両端から薙刀状の刀身をS字のように形成する。
本機をはじめとしたゲルググ系統機を代表する武装の1つ。
  • シールド
通常機と同等の、ラグビーボールのような端の尖った楕円形。敵のビームや実体弾などに対して効果的な防御となる。
  • ビーム・ライフル
高性能センサーによって高い命中率を誇る射撃武器。ビーム・ナギナタと同様に本機の代表的武装であるが、出力の多くをジェネレーターに回すパイロットが多く、通常機ほど多用されていない。
  • ジャイアント・バズ
ドムのものを流用した大型バズーカ。

対決・名場面

関連機体

先行試作型ゲルググとも呼ばれる、ゲルググシリーズの原型機。
本機、及びゲルググキャノンなどの原型機。
ゲルググの先行量産型。エースパイロットに支給された。
先行量産型の内の1機。
バリエーションの1つ。高出力ビームキャノンパックを装備し、強力な砲撃を可能としたもの。
統合整備計画によって再設計されたゲルググ系統機の集大成の1つ。
ファラクが所有する高機動型ゲルググのうち、ガルド・クレイズ中佐の専用機。宇宙海賊『シュテンドウジ』との戦闘において右腕、右胸部を破壊された際に改修を受けており、その際、喪失した右腕にズゴックEの腕を取り付けたことによってより攻撃的な機体と化した。その左右非対称な外観から、『シオマネキ』を連想させる。