デスティニー・プラン

提供: ガンダムWiki
2019年11月1日 (金) 00:24時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

デスティニー・プラン(Destiny Plan)[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY」、「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ΔASTRAY」にて登場した社会構想。

劇中終盤、プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルにより提唱され、人間の遺伝子を解析し、その人が持つ適性を調査し、その解析結果を基にその人を適した職業に就けるシステムとされ、またそれにより国家間の争いを解消とする目的を持つ。

作中ではこの発表による混乱の中で、オーブ連合首長国スカンジナビア王国が真っ先に反対を証明し、その結果、勃発したメサイア攻防戦によりデュランダルの死亡によってデスティニー・プランの施行は阻止された。

劇中において多く語られなかった故にその解釈は様々である。

登場作品[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
初出。
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ΔASTRAY
アグニス・ブラーエを始めとするアキダリアのクルーが導入宣言を見ていたが、即座に反対している。

関連用語[編集 | ソースを編集]

プラント
メサイア
コーディネイター

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]