D.O.M.E.

提供: ガンダムWiki
2012年10月18日 (木) 16:32時点におけるM.T (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「== D.O.M.E.(D.O.M.E.) == 「機動新世紀ガンダムX」に登場した、月面のマイクロウェーブ送信施設の中枢。そして、その中枢...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

D.O.M.E.(D.O.M.E.)[編集 | ソースを編集]

機動新世紀ガンダムX」に登場した、月面のマイクロウェーブ送信施設の中枢。そして、その中枢であるD.O.M.E.に組み込まれた、「ガンダムX」の世界において「ファーストニュータイプ(人類初のニュータイプ)」として認定された存在。登場時は既に意識体になっている。
名称は「Depths Of Mind Elevating」の略。

ファーストニュータイプと認定されたD.O.M.E.は、その存在を宇宙革命軍に利用される事を恐れた旧連邦により、遺伝子レベルまで分解され、その情報をD.O.M.E.建設の際にシステムに組み込んだ。それによりビットモビルスーツによる防衛・迎撃システムやサテライトシステムの制御等を行ったものと思われるが、月施設を建造した連邦はD.O.M.E.そのものは死んだと思っていたようだ。

幾度にも渡る宇宙革命軍の接触を全てビットモビルスーツで撃退したが、ティファ・アディールに呼びかけてD.O.M.E.へと導き、ティファの意思により関係者を「真実を知るべき者」として召集する。そして光の玉のような姿でニュータイプにこだわった各人を説き伏せた。ニュータイプと呼ばれた存在であるにも関わらず、フラッシュシステムに対応した人間などをニュータイプと定義する考えには否定的であり、あえてニュータイプという存在を定義するならば、それはガロード・ランのように「未来に希望を持って行動していく人間」の事だと語る。
最終的には月面施設上空で起こったサテライトキャノンとサテライトランチャーの撃ち合いの余波で、3機のガンダムと共に施設が全壊したため、D.O.M.E.も消滅した物と思われる。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

機動新世紀ガンダムX
デウス・エクス・マキナ。序盤から何度かティファと交信し、終盤でその存在が語られ、最終2話で現れ、ニュータイプにまつわる全ての問題に決着をつけた。
実は前期OPにティファと共に光の玉の姿で登場しているが、高松監督と脚本家の川崎ヒロユキは「あれ(光の玉=D.O.M.E)は当初から意図したものではなく、物語を進める中で決めた」と述べている。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ティファ・アディール
何度かの交信を経て、最終的に力と真実とを求めたティファに応えて、月面の施設へと彼女を導く。人々にニュータイプと呼ばれ自らの力に戸惑うティファに対し、ニュータイプという言葉を捨てろと助言した。
ガロード・ラン
ティファと共に月面に導く。D.O.M.Eの評価に戸惑うガロードが「自分には特別な力なんかない。ただティファを守りたかっただけ」と言うと、それが本当に未来を作るために大事なことだと諭す。
フィクス・ブラッドマン
ティファの希望により、真実を知るべき者としてビットMSを操り月面の施設へと誘導。「ニュータイプを利用しようとした者」として、その意見を否定した。
ザイデル・ラッソ
ティファの希望により、真実を知るべき者としてビットMSを操り月面の施設へと誘導。「ニュータイプを神と崇める者」として、それは幻想であると否定した。
ジャミル・ニート
ティファの希望により、真実を知るべき者としてビットMSを操り月面の施設へと誘導。「先の大戦で自分がニュータイプとして見た刻と未来は何だったのか」と問われ、「どんな未来もそれを現実にする意思と行動が無ければ無意味」と答え、ジャミルの心の枷を取り払った。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「私はD.O.M.E.…かつてニュータイプと呼ばれた者」
第38話タイトル。ティファの呼びかけに応じてD.O.M.E.が集めた、真実を知るべき者たちに向けて発した言葉。

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]