ELSジンクス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ELSジンクス(ELS GN-X)

複数の小型ELSが合体してジンクスIVに擬態した姿。カラーリングは金属色になっていて、どちらかというと一般機の配色に近い。戦闘力の方はほぼ同等。
大まかなシルエットはそっくりだが細部が異なり、丸みを帯びた形状になっている。頭部カメラは四眼ではなくモノアイを思わせる一つ目になっていて、脚が爪先立ちの状態で固定されている。背部のコーンスラスターは長大化しているが、これは円錐状の小型ELSの名残である。また、武装は全て腕と一体化しているが、GNバルカンのような内蔵武装までは再現されていない。
最大の違いは放出されるGN粒子と粒子ビームの色で、本機ではどちらも紫色になっている(ビームや粒子の性質に違いがある訳でなく、視聴者がジンクスIVと区別を付ける為の配慮である)。

GNビームライフルとGNロングバレルビームライフル、NGNバズーカを装備した個体と通常の両腕を持った個体の計4種類が確認されている。

登場作品と操縦者

劇場版 機動戦士ガンダム00
最終決戦時に出現し、地球連邦軍ソレスタルビーイングに多大な被害をもたらした。一方で、撃破された個体も数多い。
刹那との対話の後、戦闘を停止して大型ELSと融合して巨大な花となった。
G-ROOMS
ソレスタルビーイング号内部のカメラが侵入してきた本機の姿を捉えている。
機動戦士ガンダム00V戦記
油断していたエイミーアドヴァンスドジンクスを後ろから攻撃して窮地に追い込むが、ガンダムの攻撃で撃破されている。
機動戦士ガンダム00I 2314
脳量子波遮断施設に向かっていたELS達の一部が本機に擬態し、レオガルムガンダムに取り付いて侵食する。しかし、完全に侵食してしまう前に対話が成った為、ガルムガンダムEへと生まれ変わった。

装備・機能

特殊機能

侵食
相手に取り付く等して接触し、侵食して一体化を図る。

武装・必殺攻撃

GNビームライフル
本機の主兵装の一つ。右腕と一体化している。
GNロングバレルビームライフル
本機の主兵装の一つ。こちらも右腕と一体化している。
GNビームサーベル
掌に開いた穴からビーム刃を発生させる。
NGNバズーカ
本機の主兵装の一つ。こちらは両腕と一体化している。
GNシールド
両肩に装着されている実体盾。ジンクスIVでは小型と大型の物が存在していたが、本機では前者のみが装着されている。後者を装備した個体は確認されていない。

対決・名場面

関連機体

ジンクスIV (一般機)
ジンクスIV (指揮官機)
ELSガデラーザ
ELSガガ
ELSクアンタ
ガルムガンダムE
ELSアスカロン
ELSダブルオー

話題まとめ

資料リンク

リンク