NT専用プロトタイプガンダム

提供: ガンダムWiki
2019年7月7日 (日) 19:29時点におけるジェス中尉 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
NT専用プロトタイプガンダム
読み ニュータイプせんようプロトタイプガンダム
外国語表記 Newtype Use Prototype Gundam
登場作品 MSV90
デザイナー 友杉達也
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 MRX-002
全高 30m級
開発組織 ムラサメ研究所
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

ムラサメ研究所が開発したモビルスーツ。機体カラーは赤と白を基調としている。

ガンダムNT-1の発展型として開発された機体で、NT-1とは異なりジオン軍から得たサイコミュシステムを搭載している完全なニュータイプ専用機である。武装は機体各所に装備されている有線式のビットで、モビルスーツとしては珍しくマニピュレーターが存在しない。サイコミュを搭載したことにより機体が大型化し重量が増加したため、機体各部にスラスターが増設されている。結局実機は開発されずペーパープランとなったが、本機の大型兵器としての思想はモビルフォートレスに受け継がれたとされる。

登場作品と操縦者[編集]

MSV90
出典元。『コミックボンボン』1990年3月号で記念すべき第1弾として紹介された。
機動戦士ガンダム大全集 PartII
ドグザムロックと共に画稿が掲載されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

有線式ビット
両腕部と両肩部、両脛部に1基ずつ、バックパックに8基の計14基装備されている有線式サイコミュ兵装。なお、MSV90では計10基装備しているとされる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムNT-1
ベース機。
ネティクス
ムラサメ研究所がオーガスタ研究所から引き継いで開発した機体。ベース機が同じで有線式のサイコミュを採用している点も同じだが、機体本体はこの機体の方が小型である。
プロトタイプサイコガンダム
本機の設計思想が受け継がれたサイコガンダム系列機の最初の機体。サイコミュが大型化している点は同じである。
サイコガンダム
モビルフォートレスとして完成した機体。

商品情報[編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]