ガンダムAGE-1 (ダイキVer.)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムAGE-1 (ダイキVer.)
外国語表記 Gundam AGE-1 Daiki Version
登場作品 機動戦士ガンダムAGE トレジャースター
デザイン 吉田正紀
テンプレートを表示
スペック
分類 戦闘用モビルスーツ
型式番号 AGE-1
全高 18.0m
重量 43.4t
開発組織 トレジャースター
開発者 リュウジ・リュウザキ
所属 トレジャースター
母艦 トレジャースター号
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の戦闘用モビルスーツガンダムAGE-1 ノーマルの同型機。
当初はAGE-1と同様の形状だったがのちに左肩にトレジャースターのペイントと胸部に「T」のマークが施された「トレジャースター仕様」に改修されている。基本的にはAGE-1と変わらず、AGEデバイスに似た起動キーをセットすることで起動する。本機独自の機能としてトレジャースター号からのトレジャースターキャノンを受けることにより、一時的に限界を超えたパワーを発揮する機能がある。

実は本機はアデルをベースに開発された機体であり、時系列的にはフリットのガンダムAGE-1より早く完成していた。本機を開発したリュウザキはタイムマシンで来た未来人であるためAGE-1を模倣する形で本機を開発することができた。AGEシステムすら模倣に成功していたが、バクトに苦戦してしまうなどベースとなったアデルより性能が低い面と思われる部分もある。AGEビルダーも機体が入るほどに大型化してしまったものの開発していたが、当初は別の場所にあったため武装は基本的にビームサーベルのみとなっていた。後にAGEビルダーは発見され、その中にあったフェニックスウェアに換装している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE トレジャースター
パイロットはダイキ・リュウザキ

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

AGEシステム
自己成長型のコンピュータシステム。蓄積した戦闘データから戦局に合った新装備を自動工廠「AGEビルダー」で製造する。
換装
オリジナルのAGE-1やアデルと同様、四肢を「Gウェア」に換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームダガー
両腰部に1基ずつマウントされている接近戦用の武装。短いビーム刃を出力する。投擲武装としても使用可能。
ビームサーベル
ビームダガーの刃を調節する事でビームサーベルとして使用可能。
スタースラッシュ
ビームサーベルの出力を最大にして切り裂く技。
ビームスプレーガン
一時的にコテツジェノアスの物を借りて使用した。
ドッズライフル
貫通性の高いビームを放つライフル。リュウザキが搭乗していた際に装備していたが、破壊されてしまった。
シールド
オリジナルと同じ実体シールド。これも破壊されたため残っていない。

対決・名場面[編集]

バクト

関連機体[編集]

ガンダムAGE-1 ノーマル
オリジナルのAGE-1。本機の外観とシステムはAGE-1のそれを模倣している。
アデル
オリジナルのAGE-1の量産仕様機。本機はアデルをベースに改修されている。
ガンダムAGE-1 フェニックス
多目的戦闘形態。

リンク[編集]