2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ラドック・ホーン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラドック・ホーン(Ruddock Horn)[編集]

宇宙海賊ビシディアンの構成員。キャプテン・アッシュの副官を務めている。

情に厚い性格だが、アセムを嵌めようとしたギスパードを容赦なく射殺するなど非常に徹する一面も持っている(但し、ギスパードがアセムを嵌めようとした事実は自分の中に仕舞い込んでギスパードはビシディアンの誇りを持って死んだとしてアセムには戦闘で戦死したと伝えている)。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
キャプテンアッシュの副官として登場する。アッシュが出撃した時はバロノークの指揮を執っている。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
引き続きアッシュの副官として登場している。ディーヴァからクルーがバロノークに移乗して来た時にはナトーラ達にバロノークのブリッジを占拠されている。
機動戦士ガンダムAGE ~追憶のシド~
ビシディアンのエースパイロットとしてラドック隊を率いていた。ヴェイガンとの戦闘で搭乗機のGエグゼス ジャックエッジを大破させて撃墜されかけたところをガンダムAGE-2 ダークハウンドで出撃して来たアセムに助けられ、その戦い方にウィービックを重ねていた。その後、アセムをいち早く仲間を認める。
アングラッゾからアセムとギスパードと共にミンスリーへの任務を任され、そこでアセムを嵌めようとしたギスパードを射殺している。

人間関係[編集]

キャプテン・アッシュ
アセムがアッシュと名乗る前からの仲間でアッシュとなった後は副官として補佐している。
キャプテン・アングラッゾ
かつてのキャプテン
ウィービック・ランブロ
ギスパード・ラーグーン

名台詞[編集]

追憶のシド[編集]

「お前はビシディアンの誇りを持った男のまま消えて行くんだ……」
ギスパードを射殺した時の台詞。ギスパードをアセムを嵌めようとした裏切り者ではなく、ビシディアンの誇りを持ったまま戦死したという事にしたのはラドックのせめてもの情けだったのかも知れない。

搭乗機体・関連機体[編集]

Gエグゼス ジャックエッジ
搭乗機。
シャルドール ローグ
ミンスリーに潜入時の搭乗機。
バロノーク
搭乗艦。アッシュの出撃時は代わりに指揮を執る。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]