ロニ・ガーベイ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ロニ・ガーベイ(Loni Garvey)[編集]

資産家のマハディ・ガーベイの娘。MAシャンブロの専属パイロットとして登場する女性。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムUC
機動戦士ガンダムUC(OVA版)
ジオン残党軍であるヨンム・カークスの部下にして、連邦によって殺害された両親の復讐のためにシャンブロを駆り、ダカール、トリントン基地を蹂躙した。

人間関係[編集]

マハディ・ガーベイ
父親。OVA版では故人。
ヨンム・カークス
OVA版では上官にして家族の様な存在。
バナージ・リンクス
フル・フロンタル

名台詞[編集]

原作[編集]

OVA版[編集]

「子供が親の願いに飲まれるのは世の定めなんだよ、バナージ。私は間違っていない!」
サイコフィールドの干渉で意識を共有し、非業の死を遂げた両親の思いに囚われたロニに、手を差し伸べるバナージと、それでも手を振り払うロニ。バナージは、その「願い」を「呪い」と断じる。
「同じだ!託された事を為す、それが親に血肉を与えられた子の―――血の役目なんだよ!お前のその力も、親の与えたものだろうに!!」
トリントン基地を蹂躙するロニを必死で止めようとするバナージに対してぶつけた言葉。
「ジーク・ジオン…ジーク・ジオン・・・」
すでに称えるべき「ジオン」のない、空虚な言葉。しかし、それしかすがるものの無い人達にとっての最後のよりどころ、あるいはそれに縛られる『呪詛』とも言うべきものへと変質してしまっている。全てを失い、それでも「ジオンのために」戦うというロニの悲しい姿を表している。
「悲しいね…バナージ・・・」
判りあえるのに判りあおうとしない、判りあいたいのに判りあえない、というガンダムシリーズの人類そのものの悲しみを如実に表した一言。最後にこの言葉を残し、ロニはビームマグナムでコクピットを撃ち抜かれた。人の姿から焼け焦げていくショッキングな映像は、視聴者に大きな衝撃を与えた。

搭乗機体・関連機体[編集]

シャンブロ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]