機動戦士ガンダム00I

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

機動戦士ガンダム00I

『月刊ガンダムエース』にて連載。ときた洸一作画による漫画作品。本編セカンドシーズンと同時期のストーリー。

ある日、普通の学生として暮らしていた青年レイヴは、「6人の仲間を集めよ」というヴェーダからの指令を受け、同時に自分が人間ではなくイノベイドであることを知らされる。医師であり「仲間を覚醒させる者」として目覚めたイノベイドのテリシラと共に仲間探しの旅に出るが、その旅には歴史の影でかつて活躍した人物たちも大きく関わってくることになる。

死んだはずのイノベイド、ビサイド・ペイン。親友グラーベの仇としてビサイドを追い、レイヴをビサイドと呼ぶヒクサー。CBの後方支援を担当する旧フェレシュテのメンバー、そして人類史上最大のテロ首謀者であるフォン。彼らとの関わりにより、レイヴ達は「6人の仲間」の目的、そして世界の裏で暗躍する者の野望を知る。