イオリア・シュヘンベルグ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

イオリア・シュヘンベルグ(Aeolia Schenberg)[編集]

ソレスタルビーイングの創設者。軌道エレベーターの基礎理論などを提唱した科学者で、200年以上前から様々な工作を練っていた。そして現代にその姿を現し、全世界の戦争行為に対し武力介入を宣言する。自身は生前から人前に姿を現すことはほとんどなかったが、ヴェーダの本体にその身をコールドスリープした状態で眠っていた。しかし、アレハンドロによって睡眠状態のまま殺害される。「人類の変革」を目指しており、イオリア計画はそれを実現する為に行われていた。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00
活動宣言とトランザム発動のメッセージビデオに登場。
劇場版 機動戦士ガンダム00
エピローグの回想に登場。西暦2091年時に太陽光発電システムや軌道エレベーターの基礎理論等の研究を行っていた。
ガンダムEXA

人間関係[編集]

刹那・F・セイエイ
ロックオン・ストラトス
アレルヤ・ハプティズム
ティエリア・アーデ
彼らガンダムマイスタートランザムシステムを授け、ソレスタルビーイングのメンバーに紛争根絶の思想を託す。
E・A・レイ
友人であり計画の賛同者。彼の遺伝子構造などがリボンズ・アルマークなどのモデルになっている。

名台詞[編集]

関連技術など[編集]

GNドライヴ
ヴェーダ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]