キジマ・シア

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

キジマ・シア(KiZima Sia)[編集]

ガンプラバトルにおける強豪校、私立ガンプラ学園に所属するガンプラファイター。兄であるキジマ・ウィルフリッドや彼と同格のファイターアドウ・サガと共に同校のチーム『ソレスタルスフィア』のメンバーを務めている。 当初はイギリス留学の最中で予選大会には間に合わなかったが、全国大会目前に帰国して『ソレスタルスフィア』に合流した(この時、同じく全国大会メンバーとなった『トライ・ファイターズ』とも邂逅している)。

登場作品と役柄[編集]

ガンダムビルドファイターズトライ
ニールセンラボで合宿をしていたカミキ・セカイと偶然に出会い、彼の持っていたビルドバーニングガンダムの補修を手助けしている。ちなみに補修を手伝った動機については「弱いガンプラを倒しても張り合いがないから」と言っていたが、具体的な真相は不明。

人間関係[編集]

キジマ・ウィルフリッド
兄。
カミキ・セカイ
ガンプラ学園と合流する直前、とある事象で知り合ったファイター。傷付いたビルドバーニングガンダムの補修を手伝った事もあり、以後は少しずつ意識する様になる。時系列でアイランド・ウォーズの頃には好意をオープンに発言するなど、積極的にアプローチしているようだ。
ホシノ・フミナ
セカイのチームメイトにして決勝における好敵手。ちなみにセカイとの初対面時に彼女が百面相を披露しながら様子を眺めていた事をシアは知らない。アイランド・ウォーズでは恋のライバルでもあることを公言。
アドウ・サガ
チームメイト。腕は確かではあるが、ガンプラの扱いが乱暴なため、チューニングにはいつも気を遣わせている。
アラン・アダムス
叔父。チームの監督でもあり、宮里学院に転校したスガ・アキラの後任として、自分をイギリスから呼び戻す。
サザキ・カオルコ
自分と同じくセカイを後押しする女子。
レディ・カワグチ

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

G-ポータント
全国大会の最中に完成させた愛機。本牧学園の投入したヴェイガンギア・Kとの戦いでは単騎で出撃し、鮮烈なデビューを飾った。