アドウ・サガ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アドウ・サガ(Adou Saga)[編集]

ガンプラバトルの強豪校である私立ガンプラ学園に所属するファイター。学園内でも屈指の実力者であり、対戦した機体を徹底して叩き潰す戦闘を見せつけることから「デッドエンド・サガ」の異名を取る。
その圧倒的な強さと絶対的な自信故に、他人に対しては常に不遜かつ高圧的な態度を取っている(それこそ、世界トップレベルのファイター達とも戦えると豪語している)が一方でキジマ・ウィルフリッドシアの様に自分の認めている人間に対しては、不遜であるもののそれなりに評価はしている。ウィルフリッドやシアとは連携を取り、自身のガンダムジエンドの調整をシアに任せる程だが逆に実力のない相手には容赦ない言葉を浴びせる事も。
2年前にはコウサカ・ユウマの噂を聞きつけてバトルに乱入するが、圧倒的な実力で捻じ伏せた。その時の言葉が原因でユウマがガンプラバトルから離れるきっかけを作った張本人でもある。

圧倒的な実力を持つが故に同年代ではウィルフリッドしか相手にならず、ウィルフリッドともチームメイトである為、全力でバトルする事が中々出来ず、常に強者とのバトルに飢えている。

登場作品と役柄[編集]

ガンダムビルドファイターズトライ
トライ・ファイターズが合宿先として訪れたニールセン・ラボで初めて顔を合わせる。
初登場時は乗機であるガンダムジエンドを駆使して、ビルドバーニングガンダムウイニングガンダムライトニングガンダムを瞬く間に打ち負かして圧倒的な強さを見せつけた。
全国大会でも強豪たちを相手に勝利を重ね続けていたが、この時実は右手に抱えていた古傷が悪化しかけていた(それでも決勝に至るまで、異名に劣らぬ強さを維持し続けていた)決勝戦ではアランからのドクターストップを突っ撥ねてユウマのライトニングガンダムフルバーニアンと対峙し、壮絶な戦いの果てに相打ちとなって機体は粉砕されてしまう。しかし、かつてない高揚感と満足を味わえたせいか、終えた後の表情はどこか清々しいものだった。

人間関係[編集]

キジマ・ウィルフリッド
チームメイトでライバル
キジマ・シア
チームメイト。実力を認めて愛機のガンダムジエンドの調整を任せる事もある。
アラン・アダムス
チームの監督。
3代目メイジン・カワグチ
世界トップレベルのファイター。今の実力では世界大会に出場する事は出る事が出来ないと言われて挑むが、逆に圧倒的な実力差を見せつけられる事になる。
コウサカ・ユウマ
2年前にセイからガンプラを教えて貰い全国大会の優勝候補を言われていた為、バトルに乱入するも相手にならなず「才能がない」と言い捨てた相手。その後は忘れていたが、2年後に再び挑まれる。
スガ・アキラ
元チームメイト。自身のいないときの補欠と言い実力を認めていなかったのか、地区予選で負けた事を知った時は大した奴じゃないと見下す態度を取っている。
ルーカス・ネメシス
準決勝戦で邂逅した『強敵』。最終的にガンプラ学園が勝利したものの、彼の卓越した戦闘力にはウィルフリッドやシア共々苦戦を強いられていた。

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムジエンド
愛機
クルーエルガンダム
2年前にユウマとのバトルで使用したガンプラ。ベースの無いガンダムジエンドとは違いハイドラガンダムをベースに様々なガンプラのパーツをミキシングして出来ている。

リンク[編集]