ルーカス・ネメシス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルーカス・ネメシス(Lucas Nemesis)[編集]

フィンランドを拠点に活動する「ネメシス財団」の子息にして、『メタンハイドレードの採掘王』の異名を取るヨセフ・カンカーンシュルヤの孫。
第7回世界大会時にガンプラバトルを間近で観戦し、以降は自身もガンプラの世界に入門。現在では3年連続でヨーロッパ・ジュニア・チャンピオンの地位を維持するほどに熟達したファイターとなっている。
その実力は佇まいひとつ取っても大きく存在感を放っており、実力派のファイターであるセカイキジマさえも戦慄させている。
愛機はHGUCクロスボーン・ガンダムX1をベースにフィンランドで作り上げたクロスボーン・ガンダムX1フルクロス

登場作品と役柄[編集]

ガンダムビルドファイターズ
第7回世界大会当初は、祖父と共にガンプラバトルの大会を見物に来た子供であった。当時は祖父に甘やかされた只の世間知らずで、大会を見に来た理由も「世界大会の優勝トロフィーをプレゼントされたいため」に過ぎなかった。
そのため、祖父が結成させたチーム・ネメシスの実情も知らずに無邪気に応援するだけであったが、その大会の最中に怒り心頭のアイラから説教されたことによって、自らもガンプラバトルに積極的に参加する様になる。
ガンダムビルドファイターズトライ
初めて間近でバトルを見てから7年後、ビルダー、ファイターの双方において高い技術を身に着けた彼は、ヨーロッパ大会を3年連続で優勝するほどの実力派へと成長していた。
現在でも存続している「チームネメシス」に自ら所属しており、その中においても独学で名声を手にしている。
日本で開催されている第13回ガンプラバトル選手権では、徳島県の代表である「グラナダ学園」に短期留学。チーム「フォン・ブラウン」のファイターとして全国大会に臨む事になる。

人間関係[編集]

ヨセフ・カンカーンシュルヤ
カミキ・セカイ
キジマ・ウィルフリッド
アイラ・ユルキアイネン

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ジェガン
クロスボーン・ガンダムX1フルクロス