アイラ・ユルキアイネン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイラ・ユルキアイネン(Aila Jyrkiainen)[編集]

フィンランド代表となった、チーム『ネメシス』のガンプラファイター。チームの出資する『フラナ機関』の出身で、機関の最高傑作と称される少女。以前はベンチなどで寝泊まりをしているストリートチルドレンだったが、プラフスキー粒子を見ることが出来、その動きからガンプラの動きを予知する事が出来る為、それをナイン・バルトに見出されてフラナ機関にスカウトされた。
組織やスポンサーの前では感情を出さずに淡々とした寡黙な性格をしているが機関の人間がいない所では感情が豊かになり、特に食事に対しては並ならぬ食い意地が現れるがふと過去の事を思い出すのか暗い表情を浮かべることも。ガンダムやガンプラに関しては全く興味が無かった為、ビルダーとしての知識や資質は素人だが、ファイターとしての実力は大した改造のされていないジェガンで世界レベルのファイターのガウェインのデビルガンダムに勝利する程。

世界大会の会場でアリーア・フォン・レイジ・アスナとトラブルから口論となり、以後は偶然に会う機会が多くその度に喧嘩したり共闘したりしながら彼等と交流を重ねている中で次第にレイジに好意を持つ反面、レイジが世界大会に出場しているファイターだと知り複雑な思いを抱くようになる。

当初はガンプラバトルそのものをあまり好んでおらず、大会のルールや勝利ばかりを強要するナイン・バルトに対して1人で悪態を突く事もあった。

バトルの時は「エンボディシステム」と呼ばれる専用のスーツとヘルメットを着用し、ヘルメットのディスプレイには自身の能力と同調させる事で精度を上げて表示する事が出来るがそれを使用するとアイラにも負担がかかりバトル後に体調を悪くする事がある。

作品のカラー的なこともあってかストリートチルドレンになった理由ははっきりしていないがフィンランドでは一部の移民がの商売に従事しているため、出生もこれに関するものだと思われる。

登場作品と役柄[編集]

ガンダムビルドファイターズ
フィンランド代表として世界大会に出場。その会場でレイジと肉まんの取り合いで喧嘩した事がきっかけで彼等と知り合う。レイジが「通りすがりのガンプラマニア」にガンプラ作りを教わった時には、自身も傍にいて一緒にガンプラを作成した。当初はレイジが世界大会に出場している事は知らなかったが、偶然からその事実を知ってしまう。その後も頑なに自分が世界大会に出場しているファイターである事をレイジには隠していた。しかし、世界大会の決勝トーナメントの準々決勝でのリカルド・フェリーニとの試合では勝てばレイジと戦う事になる為、戦いに迷いが生じ調子を崩してしまう。そのファイトの終盤に意識が暴走しレイジの怒りを買いバトル終了時に自身がファイターである事をレイジに知られてしまう。その後のバトルにおいてレイジの言葉でフラナ機関やネメシスと決別した。その後はレイジとセイの部屋に厄介になるも、セイの母リン子の旅館に泊まる事となり、身の上話を聞いたリン子の提案で行くところが決まるまではイオリ模型店で世話になる事になっていたが、大型アリスタ破壊後、レイジがアリアンに帰った際に、チナを経由して渡されたアリスタがレイジと共にいたいと言うアイラの気持ちに反応し、アリアンに渡る事になった。
当初は彼等の前では本名を出せず、『アイナ』という名で通してたが、準決勝後には本名で呼ばれている。
ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ

人間関係[編集]

アリーア・フォン・レイジ・アスナ
偶然から出会い、何度も喧嘩をする中で次第に心を許して良くが……
イオリ・セイ
レイジの相棒。その場で凌ぎでアイナと名乗った事からその名前に食いついて来た。
コウサカ・チナ
親友。
リカルド・フェリーニ
世界大会準々決勝の対戦相手。
イオリ・タケシ
レイジと共にガンプラ作りを教えた。
ナイン・バルト
マネージャー兼主治医。アイラをフラナ機関に引き入れて調整した張本人で、彼女にとって呪縛の元凶とも言うべき存在。隣にいるときは無機質に振舞っているが、かつては頭の痛くなるような実験を繰り返され、また日常的に恫喝をされていたせいで、彼女自身は内心では酷く毛嫌いしている。
イオリ・リン子

名台詞[編集]

白いガンプラが勝ちます……」
セイとレイジが勝ち進んだ地区予選の決勝戦を見た時の意見。この時はただの無機質な口調を徹底しており、後にレイジに見せる様な砕けた物言いの片鱗すら見せなかった。なお、あるニュータイプ少女の台詞のオマージュである。
何の因果か後年中の人はそのニュータイプ少女を演じることになった。
(なにが、ガンプラバトル―――――――下らない……下らない……下らないわ!!!)
レイジと出会うまで、アイラにとってのガンプラバトルは研究所から押し付けられる苦痛でしかなかった(彼女自身にとっては「拷問」であったとも言えなくもない)。それを分かっていながら更に勝つ事ばかりを強制され、更にはレイジに隠していた正体が最悪の形で露見してしまったことが追い打ちとなり、アイラの感情は次第に悲鳴を上げていく――――――
そこの子供も、ガンプラバトルに勝ちたかったら自分でやりなさいッ!!!!」
フラナ機関との決別を宣言したアイラ。その鬱憤は収まらず、勝つ事ばかりを強いてきたネメシス会長とにも怒りを込めて言い放っていた。この時は単なる怒り任せに怒鳴ってやったこと……なのだが、7年後にはこれを真摯に受け止め、自らの手でヨーロッパ大会を勝ち取ったファイターが世に現れる事になる………

搭乗機体・関連機体[編集]

キュベレイパピヨン
チームネメシスが用意したアイラの専用機。
ジェガン
第8話で操縦。ネメシスに来た際に自身の実力を証明する時に専用機が無かった為に使った。
コマンドガンダム
第16話で操縦。レイジと共に初めて制作したガンプラ。後の『アイランド・ウォーズ』にも登場している。
ミスサザビー
最終回で操縦。準決勝戦の後、チナと一緒に組み上げた機体。製作にはユウキ・タツヤもアドバイスを出すなど協力しており、完成度の高い機体に仕上がった。