スエッソン・ステロ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

スエッソン・ステロ(Sweatson Stero)[編集]

ギンガナム艦隊に所属するマヒロー隊の隊長。甘いものと弱い者いじめが大好きな巨漢。

地球からきたミリシャを完全に野蛮人扱いして、迎撃の名を借りていたぶろうとした。ギンガナムをギムと呼ぶ場合もある事から、古くからの武門の名家出身であると思われるが、それゆえ下層階級出身の者に対しては威張り散らしている。ミドガルド曰く「名家の威光を笠に着た水脹れ」。体が重い為、重力下に出る事を嫌う。

これまでの訓練の成果として、モビルスーツの陣形にこだわりを見せる。月面でロランたちと何度も交戦し苦しめるも、マニュアル通りの戦闘しか出来ない為、その勢いと大言壮語に反して大した戦果は挙げられなかった。地上でのディアナ・カウンターギンガナム艦隊との決戦の際、戦闘に横槍を入れたという理由で、味方であるはずのギンガナムに撃墜されてしまった。

登場作品と役柄[編集]

∀ガンダム

人間関係[編集]

ギム・ギンガナム
上官。彼に撃墜される。

名台詞[編集]

「これが御大将のやることか!」
味方のはずの自分を攻撃するギンガナムに対して。これが最期の言葉となった。

搭乗機体・関連機体[編集]

マヒロー

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]