モビルスーツ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

モビルスーツ(Mobile Suit)[編集]

「ガンダムシリーズ」における巨大な人型機動兵器の総称。略称は「MS」。親指~小指が同じ長さに重なり合った左右対称形の手首を持つ。

宇宙世紀ではミノフスキー粒子の効果により核融合炉の小型化に成功、それを動力源とする事で大型の人型ロボットが稼動できた。 更に宇宙世紀0100年までは戦闘用の18m級サイズ未満の機体はjrMS(ジュニアモビルスーツ)、プチMS(プチモビルスーツ、略称プチモビ)、ミドルMS(ミドルモビルスーツ)という呼称分類がされる。

「第一次ネオジオン紛争」の頃に巨大化のピークを迎え、その後の第二次ネオジオン戦争以降のサナリィの15m級MSへの規格刷新計画である「フォーミュラ計画」から先はやや小型化する。 余談だが、プラモデルでは1/144ガンダムと1/100ガンダムF91がほぼ同サイズとなる。

非人型への可変機構を持つ場合、人型の状態を「MS形態」と呼ぶ。

基本的にMSは人型機動兵器を指す場合がほとんどで非人型の機体はMAと呼ばれる事が多いが、「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」では四足歩行型のバクゥ、ラゴゥや「機動戦士ガンダムAGE」ではMAと言う概念が無い為、シドの様な非人型の機体も戦闘用に開発されていればMSに分類され、逆に人型であっても作業用に開発されればモビルスタンダード、競技用に開発されていればモビルスポーツ、警備用に開発されていればモビルセキュリティに分類され、銀の杯条約によりモビルスーツの開発や保持は違法とされている。

機体によっては、腰背部に尾を持つMSも存在する。

関連用語[編集]

可変モビルスーツ
モビルアーマー
可変モビルアーマー
モビルファイター
モビルドール
モビルスタンダード
モビルスポーツ
モビルセキュリティ

関連書籍[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]