ニュートロンジャマーキャンセラー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニュートロンジャマーキャンセラー(Neutron Jammer Canceller)[編集]

ニュートロンジャマーを無効化する装置。通称は「N(エヌ)ジャマーキャンセラー」。
一定範囲に効果があるが、その範囲は非常に狭い。
これを搭載する事で核分裂が可能となる他、電波撹乱等も起きなくなる。

ベースマテリアルとなる鉱物資源は地球圏では非常に希少であり、C.E.73年時には大西洋連邦が独占している。
だが近年、火星圏でそのベースマテリアルの大鉱脈が発見されている。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムSEEDシリーズ
ドレッドノートガンダムで初めて採用され、核分裂炉を搭載することで、膨大な火力と長い稼働時間を得られるようになった。
また、ニュートロンジャマーキャンセラーの情報がラウ・ル・クルーゼからフレイ・アルスターの手を経て連合に伝えられてからは、核弾頭に装備されるようにようになった(ちなみに解析から完成・実装まで約2ヶ月かかっている)。
これ以降もMSや核ミサイル等に搭載されている。

関連用語[編集]

ニュートロンジャマー
プラント
ザフト軍
ジェネシス
大西洋連邦
GUNDAM

余談[編集]

  • この装置の発明は宇宙世紀のミノフスキー粒子や西暦のGN粒子に比べニュートロンジャマーが妨害・阻害用途に特化し他用途活用が出来ないが為のキャンセラーな部分が強い。逆を言えば他の世界観でキャンセラーの類に乏しいのは他世界の類似技術ガジェットは他用途転用や応用範囲が広く無効化するキャンセラーの存在が大きなデメリットになるので不要な為でもある。

リンク[編集]